作成者別アーカイブ: kihizayoku

薔薇好きのためのローズオイル基礎知識2

ローズ、ダマスクローズ、ブルガリアンローズ、Rose
ローズオットー ローズアブソリュート
学名 Rosa damascena
科名 バラ科
抽出部位
抽出方法 水蒸気蒸留法 溶剤抽出法
ノート ミドルノート ミドル~ベースノート
注意事項 妊娠中は避ける、刺激強
香り 【フローラル系】フレッシュなローズの香り。 【フローラル系】深い濃厚なローズの香り。
主な成分 【モノテルペンアルコール類】シトロネロール(~50%)、ゲラニオール、ネロール、ファネソール、フェニルエチルアルコール、リナロール、オイゲノールなど 【その他(芳香族アルコール類)】フェニルエチルアルコール(~74%)、シトロネロール、ゲラニオール、ネロールなど
陰陽
チャクラ 第1,4チャクラ
ピンク
星座 牡牛座
天体 金星
四大元素 水・土
ジェムストーン インカローズ、ローズクオーツ

 

ストーリー

ローズは古くから沢山の人に愛され、愛の象徴とされてきました。花の女王とも言われています。数多くの品種が開発され続け、今では1万を超える種類があります。神話にもよく登場します。ギリシャでは愛と美の神に捧げられたと言われ、聖母マリアはローズに囲まれて登場したとも言われています。

 

植物の特徴

ローズには沢山の種類がありますが、Rosa damascenaが一般的です。ブルガリアやトルコ、モロッコを中心に様々な場所で栽培されていて、種類も多岐にわたります。ローズの違いを理解できる詳細は下記の記事をご覧ください。

 

 

ローズの効果効能

心への効能

心を癒し、穏やかに元気を取り戻してくれる作用があります。特に拒絶や傷つけられ、自分へ自信がなくなってしまったとき、もう一度受入れる手助けをしてくれます。孤独感や失望感を和らげ、幸福感をもたらしてくれます。愛の本質を知ることで、自分と他人への信頼感をよみがえらせてくれます。

体への効能

女性の不調に関わりが強く、女性ホルモンの調整作用、子宮強壮作用があります。生殖機能に関わる不調にもいいと言われ、赴任やEDなどにも効果的と言われています。精神面からくる高血圧や動悸にも有効です。

皮膚への効能

ローズは美容に最適な精油の一つです。肌の炎症を抑えてくれたり、吹き出物にも効果があります。老化・乾燥への保湿効果も抜群です。アンチエイジングに最適です。

オットーとアブソリュートの効能の違い

ローズの香りは300種類以上の成分から成り立っていると言われています。水蒸気蒸留からできるローズオットーと、溶剤抽出からできるローズアブソリュートの大きな違いは、アブソリュートの方がより多くの香りの成分を抽出できることです。そのため、アブソリュートは深い香りになり、より芳香浴や香水、といった香りを楽しむ使い方に向いています。成分でいうと、ローズアブソリュートはバラの芳香成分であるフェニルエチルアルコールがメインになります。一方、ローズオットーはシトロネロールがメインなので、より鎮静や免疫調整作用に優れます。よりマッサージやスキンケアに向いています。

 

体への効能
  • 抗菌作用
  • 抗うつ作用
  • 抗感染作用
  • 消炎作用
  • 収れん作用
  • 鎮静作用
  • 催胆作用
  • 止血作用
  • 神経強壮作用
  • 催淫作用
  • 強壮作用
  • 子宮強壮作用
  • 女性ホルモン調整作用
  • 強心作用
  • 消化器系の不調改善
  • 細胞活性化作用
  • 筋肉弛緩作用
  • 血液浄化作用
  • 覚醒作用
  • 月経促進作用
  • 解熱作用
肌への効能
  • 瘢痕形成作用
  • 保湿作用
  • 抗炎症作用
  • 皮膚強壮作用
髪への効能
  • 保湿作用
  • 髪の活性作用
その他
  • 昆虫忌避作用

 

薔薇好きのためのローズオイル基礎知識

学 名 :Rosa damascena

生産地 :ブルガリア(バラの香りは、何世紀にもわたって人びとが非常に好んできたもので、バラの精油は主としてモロッコ、トルコ、フランスで生産されています。その中でも、ブルガリア産のローズ油・ダマスクローズ油は「ローズオットー」という名称で特に有名なものです。

抽出方法と部位:アンフルラージュ〔冷浸法〕、水蒸気蒸留法、花弁

主要成分:シトロネロール、フェニルエチルアルコール、ゲラニオール、ネロール

○香りの特徴

豊かさと気高さをそなえた最高級の香り。 落ち込んだ気分に自信と幸福感を与え、抑鬱を緩和する。

○心に対するはたらき

バラ油は情緒にたいして緩和作用を示し、とくに抑うつ、悲嘆、嫉妬、憎みといった感情をほぐすのに効果があります。心を明るく高揚させ、神経の緊張とストレスを和らげます。これがとりわけ女性的な精油であることは確かで、女性に自分自身にたいする肯定的な感情を抱かせます。

○体に対するはたらき

バラ油は子宮のきわめてよい強壮剤になり、月経前緊張症を鎮め、膣からの分泌を促し、月経周期を正常化きせます。P1000854これは、そうした症状の根底にある緊張とストレスとを、“幸福感をもたらす”ホルモンであるドーパミンを放出させることによつて緩和させるからです。

バラ油は、純化した血液循環を活発にし、心臓の充血を緩和きせ、毛細血管を強化することによって、心臓を強壮にする作用を発揮するように思います。この精油は、情緒が動揺混乱した際に胃のバランスをとり、それを強化するとともに、その消毒作用と緩下作用とを通じて消化管を浄化するのを助けます。これはまた、吐き気、嘔吐、便秘をある程度まで改善します。

 

古代ローマ人は、二日酔いにバラの効果を珍重しました。これはたぶん、バラに体内を浄化し毒素(過度のアルコールが肝臓にうっ滞していることはいうまでもないでしょう)を排出する働きがあったためだろうと考えられます。バラ油は黄疸のときにも役に立ちます。

ローズオイルは咽喉痛を和らげ、せきを鎮める作用をもちます。

○お肌に対するはたらき

バラ油はすべての肌質タイプに有益ですが、とくに老化肌、乾燥肌、硬化肌、敏感肌に効果があります。この精油には強壮・緩和の両特性がありますので、炎症に有効ですし、また毛細血管を収縮させる作用があることから、毛細血管が破れたときの治療にその価値を発揮します。

ローズオイルにはなんと500以上の成分が認められていますが、主成分は次のようになっています。

○化学的な組成

 ゲラン酸(酸)、シトロネロール、ゲラニオール、ファルネソール、ネロール(アルコール類)、オイゲノール(フェノール)、ミルセン(テルペン)

○歴史と神話

水蒸気蒸溜法は、10世紀のアラブの医師アウィケンナが発明したとされていますが、バラはこれで最初に蒸溜するのに使用された植物ではないかと思われます。バラは東方世界で非常に人気のある植物で、ペルシャの戦士たちは赤いバラで自分の盾を飾りました。トルコ人はブルガリアを征服して、17世紀にこの地にバラを導人しました。 バラは長い間、愛と清純さとの象徴でした。結婚式ではバラの花びらを撒き、結婚が幸せなものになるように保証しました。バラはたぶん、瞑想と祈りを助けるものだったのでしょう。それは伝説によると、聖ドミニクス〔1170~1221:スペイン生まれのドミニコ修道会の創立者〕は幻視状態にあったときに聖母マリアの訪問をうけ、最初のロザリオ〔数珠〕を授けられましたが、その数珠の玉の一つ一つがバラの香りを発していたからです。仏教徒とイスラム教徒も、それぞれ一種のロザリオを使っています。 レッドローズは「薬種屋のバラ」という別称がありますが、これは中世のころ、肺の各種疾患と喘息をなおすのに用いられました。エリザベス朝時代には、香りをつけた食品が大流行しましたが、このときバラの芳香はとくに人気を呼びました。第二次世界大戦中にはビタミンCの供給が不足しましたが、ローズヒップ〔バラの果実〕がそれに代用されました。一九世紀には、フランスのバラ産業が急激な発展をとげ、それ以来バラ油は香水と石けんの成分としてポピュラーなものになっています。

※ 「アロマテラピーのための84の精油」 (フレグランスジャーナル社)から抜粋

貴妃座浴   薔薇学講座  ローズオットーとローズアブソリュート

ローズオットーとローズアブソリュート

ローズオットー

ローズオットーとは、水蒸気蒸留法で抽出されたローズのエッセンシャルオイルのことを言います。

ダマスクローズ、キェベッジローズ、アルバローズらの、水蒸気蒸留法で抽出されたものは、ローズオットーと呼ばれます。

ローズオットーと言われていても学名に注意することが必要です。

シトロネロールやゲラニオールの割合がアブソリュートより多く、より多くの作用が期待できます。

ローズアブソリュート

ローズアブソリュートは、ローズの花を溶剤抽出法で抽出したエッセンシャルオイル(アブソリュート)のことを言います。

ローズアブソリュートでは、水蒸気蒸留法のローズオットーでは抽出されない成分も溶け出ています

。そのため、成分や香りがやや異なります。

フェニルエチルアルコールの割合がローズオットーよりも多く、よりバラの濃厚な香りになります。

香りはアブソリュートのほうがいいと言われています。

フェニルエチルアルコールは毛髪にもいいと言われています。

名称の注意点

本来は、ブルガリア産のダマスクローズを水蒸気蒸留したものだけをローズオットーと呼ぶのが正式だったようです。しかし、現在ローズオットーか、ローズアブソリュートかは、ローズの種類(学名)に関わらず、水蒸気蒸留法で抽出したものか、溶剤抽出法で抽出されたものかの違いで売られている場合が多いです。

そのため、同じローズオットーと呼ばれるものでも、学名が違う場合があります。

例えば、ダマスクローズでも、キャベッジローズでも、水蒸気蒸留法のものは同じローズオットーと呼ばれ、溶剤抽出法のものはローズアブソリュートと呼ばれます。ローズオットー、もしくはローズアブソリュートのみの表示の時は、学名のチェックが必要です。

 

ローズの精油の種類

ローズの成分は、300種類以上から成り立っていると言われていて、すべてが解明されていません。

そのため、とても深みのある贅沢な香りになります。

主な成分は、ダマスクローズ、キャベッジローズ、アルバローズは似ていますが、ティーローズは少し異なります。

ダマスクローズ、ブルガリアンローズ、ターキッシュローズ

学名がRosa damasceneの植物を、ダマスクローズ、ブルガリアンローズ、ターキッシュローズなどと呼びます。産地は違っても同じ植物です。ほとんどのローズはこのRosa damasceneとなります。

英名 Damask rose
学名 Rosa damascene
科名 バラ科
産地 モロッコ、ブルガリア、トルコ、フランス、ネパール等様々な地域
成分 シトロネロール、ゲラニオール、ネロール、ファネソール、フェニルエチルアルコール、リナロール、オノイゲール等

 

 

キャベッジローズ(モロカンローズ、プロヴァンスローズ)

学名がRoza centifoliaの植物をキャベッジローズ、モロカンローズ、プロヴァンスローズと呼びます。

英名 Cabbage rose
学名 Roza centifolia
科名 バラ科
産地 モロッコ、フランス、イタリア等様々な地域
成分 シトロネロール、ネロール、ステアロプテン、フェニルエチルアルコール、ファルネソール、ゲラニオール等

 

 

アルバローズ(ホワイトローズ)

学名がRosa albaの植物を、アルバローズ、もしくはホワイトローズと呼びます。

英名 Alba rose
学名 Rosa alba
科名 バラ科
産地 フランス、ブルガリア、インドネシア等様々な地域
成分 シトロネロール、ゲラニオール、ノナデカン、ネロール、ノナデセン等

 

 

ティーローズ

学名がRosa odorata sweetの植物をティーローズと呼びます。

英名 Tea rose
学名 Rosa odorata sweet
科名 バラ科
産地 中国
成分 1,3-ジメトキシ-5-メチルベンセン、ジヒドロ-β-イオノン、cis-テアスピラン、ジヒドロ‐β‐イオノール、フェニルエチルアルコール等

 

 

ローズの香りの違い

ダマスクローズ

damaskrose200ダマスクローズの香りは一般的なローズの香りです。

同じRosa damasceneでも、ローズオットーかアブソリュートかによって、または生産地によっても香りが微妙に異なります。

 

 

 

◆ローズオットー・・・少しスパイシーで甘く、優美なフローラル調のバラの香りです。

◆ローズアブソリュート・・・ローズオットーより深く、甘美なバラの香りになります。

◆ダマスクローズトルコ・・・ソフトで、蜂蜜のような甘さの混ざったバラの香りです。

◆ダマスクローズモロッコ・・・やや重くて甘く、少し蜂蜜の混ざったようなバラの香りです。

◆ダマスクローズブルガリア・・・重く、麻酔性のある、やや蜂蜜にも似たバラの香りです。

 

キャベッジローズ(モロカンローズ、プロヴァンスローズ)


cabbagerose200x200◆ローズオットー
・・・甘く、粘り気のある蜂蜜が混ざったようなバラの香りです。

◆ローズアブソリュート・・・ローズオットーより深く重く、少しスパイシーで甘いバラの香りです。

 

 

 

アルバローズ(ホワイトローズ)

Albarose200少しスパイシーさや酸味が混ざった、濃厚なバラの香りです。

 

 

 

 

ティーローズ

tearose200他のローズの香りとは少し異なり、少しスパイシーさが混ざった、濃厚でフローラルな香りです。

 

 

 

 

ローズの効能の違い

ローズのエッセンシャルオイルは300以上の微量成分が組み合わさってできています。そのためまだ解明されていなう部分も多くあります。メインとなる効能は重なる部分が沢山あります。

まず、一般的にローズは女性特有の不調にとても効果的です、PMS、月経の不調、更年期障害などに効果を表します。また、スキンケアにもよく、特に敏感肌、成熟肌、乾燥肌にはぴったりです。瘢痕形成作用や保湿作用があります。

ダマスクローズ

ダマスクローズはシトロネロールとネロールがほかのローズよりも多く含まれます。そのため、より抗菌や防虫、抗リウマチに優れていると言えます。

キャベッジローズ(モロカンローズ、プロヴァンスローズ)

キャベッジローズはフェニルエチルアルコールがほかのローズより多く含まれ、半分以上を占めます。そのためより麻酔性があり、催淫作用が強いと言えます。

アルバローズ(ホワイトローズ)

エッセンシャルオイルを作るのに、一番沢山の花が必要となります。作用もよても濃縮されていて、スキンケアには特にいいと言われています。他のローズと比べ、高いメラニン生成抑制作用があります。

ティーローズ

ティーローズは他のローズの成分構成と異なります。ジメトキシメチルベンゼン(別名:ティーローズエレメント)という成分が大半を占めます。これは他のローズに比べ良質で高い鎮静効果をもたらすと言われています。また、皮膚の機能を正常に保つ作用もあると言われていて、より美肌にいいと考えられています。

 

 

貴妃座浴  季節の変わり目ケアー

東京南青山よもぎ蒸しスタイル芳香浴  貴妃座浴 市川由見子です。

 

 

今日のような天候で体調不良の方がいらしゃるのでは?

 

 

 

梅雨時秋の長雨の時期におこる、不調「低気圧頭痛・低気圧性片頭痛」

女性に多い低気圧性片頭痛とは?

低気圧で片頭痛が起きる?

低気圧は血管を膨張させる

登山でスナック菓子の袋がパンパンに膨張する映像を、見たことがありますか?。

 

 

パンパンになった状態が低気圧の時の血管と同じ状態です。頭の血管が膨張しているから片頭痛が起こります。血管だけでなく色々な臓器やリンパも膨張しているため、むくみやだるさ、酸欠、吐き気といった様々な体調不良を起こしやすくなります。

 

 

副交感神経が優位になる

 

 

低気圧の時って曇りだったり雨だったり、太陽の光があまり浴びられないと、体は昼なのに夜だと思ってしまって副交感神経が優位になります。

 

 

副交感神経はリラックスをつかさどる神経のこと。血圧を下げたり眠気を引き起こしたり、強制的にこれから眠る準備を始めてしまうのです。元々自律神経が乱れやすい人は、特に眠気やだるさを引き起こしやすくなります。

 

 

強制的にリラックスモードに入っている状態で仕事や家事をこなさなければいけない状況から、気分が落ち込んでしまうという女性も多いです。

 

 

女性はホルモンバランスの乱れが体調不良につながりやすかったり、気圧の変化に敏感な方が多いので、低気圧頭痛が女性に多いです。

 

 

 

低気圧性片頭痛の対処法

 

 

痛むところを冷やす

血管やリンパが膨張している、ということは拡張作用がある温めるという行為は逆効果です。痛みやだるさを感じる部分は温めるより冷やすと血管が収縮して痛みが治まります。

普段の肩こりや片頭痛などは血行不良が大きな原因なので温めるのが効果的ですが、低気圧性片頭痛は正反対だと覚えておきましょう。

 

 

 

コーヒーを飲む

コーヒーには交感神経を活発にして、眠気やだるさを取り除くという効果があります。夜寝る前にコーヒーを飲んじゃいけないというのはこういう効果があるからです。

副交感神経が優位になっているせいで眠気やだるさを感じる時は、コーヒーを飲むと目が冴えて活動しやすくなります。ただし、飲みすぎは胃を荒らしてしまうのでほどほどに。

 

 

 

ゆったりと過ごす

低気圧の時に私が一番オススメしたいのが、照明を落とした薄暗い部屋でゆったりと過ごすことです

天気が相手ではどうにもしようがないので、もしゆっくりと休めるなら1日中だらだらと寝っ転がって過ごすのがベスト。

お仕事が休めないという方は、家に帰ったらできるだけ早く寝て体の疲れを癒してあげてください。

 

 

低気圧を事前に知っておく

今の気圧の状態を教えてくれるアプリやWEBサイトがあるので、それらを活用して低気圧がいつくるかを事前に知っておくのも大切なことです。

 

 

これから体調が悪くなるとわかっていれば対策の取りようがありますし、知っているのと知っていないのでは具合が悪くなった時の精神的なダメージも変わってきます。

貴妃座浴  温活

よもぎ蒸しスタイルの座浴貴妃座浴では、温活の効能を皆様にお伝えしています。

 

 

身体は冷えると交感神経が優位になり、筋肉や血管を収縮させ、
血流が低下します。

これは、内臓に血液を集め、内臓を守ろうとする自己防衛反応です。

 

 

逆に、身体を温めると副交感神経を高めることができ、
血管や筋肉は弛緩し、血液の流れがスムーズになります。

 

 

それによって、身体が心からポカポカ温まります。

 

 

さらには、血液の流れがスムーズになり 副交感神経が高まると、
白血球の中のリンパ球が増加し、免疫力も高まります。

 

 

逆に、交感神経が優位になると、血液の流れは悪くなるため、免疫力は弱まります。

 

 

身体を温めてリンパ球が増加すると、脳には、脳内物質βエンドルフィンが、分泌されます。

 

 

 ※βエンドルフィンは、嬉しい時、幸せを感じた時などに
  分泌される物質、

  非常に強い幸福感や
  満足感、快感をもたらしてくれる物質です。

温泉に入った時とかに、気持ちが良くなったり、癒されるのは、
交感神経が高まるだけでなく、βエンドルフィンが分泌されるためでもあります。

 

 

ガン患者さんにおいても、身体を温めることでリンパ球が増え、
βエンドルフィンが分泌されることで、免疫力を高めることができるということも、報告されています。

 

 

適度に体を温め、副交感神経を高めることで 免疫力をアップいたしましょう!

 

 

身体を温めるだけで、副交感神経を高める!

 

 

■適度に体を温める対策■

1.身体を温める食材、代表的なショウガなどを食べる。

 

2.日中は、身体が冷え過ぎないよう、靴下や 腹巻、ホッカイロ などの冷え対策グッズを活用する。

 

 

3.よもぎ蒸しスタイルの座浴で体内から温める

体温上げて 健康パワーアップ

体温を1度上げて 健康力を5倍に

 

 

冷たい飲み物を冷房のきいた部屋で飲んだり、アイスを食べたり、運動不足やストレスによる自律神経の不調など、冷えの原因は生活習慣であることがほとんど。

冷えをとって体温を1℃上げれば免疫力は5倍にもアップします。

 

 

温活しながら健康になる習慣とは?

 

 

 

体温が上がると美容と健康に◎
体温が上がると血流が良くなり、免疫力も上がり供給される酸素の量が増えます。

さらに基礎代謝がアップするので、脂肪も燃焼しやすく痩せやすいカラダに。

老いも病気も冷えからくることがほとんど。

気温の高い夏だからといっても油断しているとカラダはどんどん冷えてしまうので、毎日の生活にひと工夫をして、冷えをストップしてあげることは重要です!カラダを温めて美しさと健康をキープしましょう。

 

 

 

体温を上げるワザ
首・手首・足首や大きな筋肉のある太ももは血流の多い場所。

この場所を意識的によく動かすことで血行が良くなります。

また、この4カ所は、暑い日にもなるべく肌を出さないようにすると体温が上がります。

 

また、冷たいものは口にしただけで消化器の血流がぐっと下がります。

これをもとに戻すためには6000kcalの熱量が必要に……。なるべく摂取を避けて、カラダを温める作用の高い人参・大根・じゃがいもなどの根菜類を積極的に摂るのが食生活のポイントです。

 

 

入浴も半身浴では全身があたたまりにくいので、40℃のお湯に肩までつかって20~30分温まるのが温活にはベストです。

ヒポクラテスの遺した言葉

 
東京南青山よもぎ蒸しスタイル薔薇蒸し貴妃座浴  市川由見子です。
 
 
医学の父 ヒポクラテスの遺した言葉  医学化学が発展した今日でも、学ぶべき言葉です。
 
 
 
 
・まず何よりも害をなすなかれ
 
 
・すべての病気は腸から始まる
 
 
・歩く事は人間にとって最良の薬である
 
 
・満腹が原因の病気は
     空腹によって治る
 
 
・月に一度断食をすれば
     病気にならない
 
 
・病気は神が治し、
   恩恵は人が受け取る
 
 
・汝の食事を薬とし、
    汝の薬は食事とせよ
 
 
・人は自然から遠ざかるほど 病気に近づく
 
 
・病気は食事療法と
   運動によって治療できる
 
 
・食べ物で治せない病気は、
   医者でも治せない
 
 
・人間は誰でも体の中に
   百人の名医を持っている
 
 
・賢者は健康が最大の人間の喜びだと考えるべきだ
 
・病人の概念は存在しても、
   病気の概念は存在しない
 
 
・私たちの内にある自然治癒力こそ真に病を治すものである
 
 
・極度に激しい疾患には、極度に激しい治療が最も有効である
 
 
・健全なる体を心掛ける者は完全なる排泄を心掛けねばならない
 
・筋肉を充分に使っている人は病気に罹りにくく、いつまでも若々しい
 
 
・心に起きる事はすべて体に影響し、体に起きる事もまた心に影響する
 
 
・食べ物について知らない人が、どうして人の病気について理解できようか
 
 
・患者に発熱するチャンスを与えよ。そうすればどんな病気でも治してみせる
 
 
・人間がありのままの自然体で自然の中で生活をすれば120歳まで生きられる
 
 
・病人に食べさせると、病気を養う事になる。一方、食事を与えなければ、病気は早く治る
 
 
・病気は人間が自らの力をもって自然に治すものであり医者はこれを手助けするものである
 
 

医療の父  温活の神 

ヒポクラテスの温熱療法

医学の父 ヒポクラテスの言葉によると

人間は、誰でも体の中に百人の名医を持っている。

人の免疫力によって症状の改善治癒の可能性を「名医」と言っているようです。

また症状が現る以前「ちょっとヘン」「これは体に良くない」「風邪かな」の人の原始のキャッチ能力をも「名医」と言っています。

賢者は、「健康が最大の人間の喜びだ」と考えるべきだ。

医学者だけでなく、哲学者のような現代人に対する言葉です。

血行のよい身体には、病気が寄り付かない

古代人の研究が、現代に伝わっています。医学の父の言葉の重みを感じます。

私に熱を作る力を与えてくれれば、世の中の全ての病を治してみせる

温熱治療を通して、どんな病気も克服することができる

実際、ヒポクラテスは座浴、アロマ浴、温浴を治療法としていました。

アジアの座浴漢方浴発祥以前に、薬草アロマオイルによるアロマ浴を治療目的に行っていました。

温熱で治療できない病気は、不治の病である。

ヒポクラテスは、「冷えている部位は、出血している所や出血しそうな所以外は、徹底的に温めるべきである」 特に身体の表面から温めることを勧めています。

頭痛は、体を温め、流動食や水を多く与える。

耳の痛みには、お湯で洗浄して、蒸気浴が効果的

腹痛、下痢は、患部を温め排泄を促し、体全体を乾燥させる食事を与える治療をする。

ヒポクラテス医学は、アラビア医学の典範となり、自然医学として

オステオパシー、カイロプラクティック、ナチュロパシーに発達いたしました。

ヒポクラテスの訓えを現代に活かしてみませんか。

就寝中の熱中症に気を付けて!

東京南青山よもぎ蒸しスタイル薔薇蒸し貴妃座浴  市川由見子です。

 

昨夜は、寝る前に寝室にエアコンで室温を下げて就寝しましたが、
目を覚ますと少し頭痛が!

 

私の感覚では「脳の酸素不足!」


起き上がる前にふくらはぎをもんで、
手と足を天井に上げて、ブラブラする「ゴキブリ運動」←ネーミングが悪いですね!
スッキリしました!

 

 

寝る前のふくらはぎのマッサージで血行をよくしておくと、就寝中の熱中症予防にもなります。

 

 

あなたの知らない熱中症!

体温調節機能を妨げる「熱」が体の内側からやってきた場合にも、熱中症は起こる可能性があります。この点で、「湿度」にも注意が必要です。

たとえば室内で軽い運動をしていて、湿度が高いために汗をかいても蒸発せず、体内に熱がこもってしまった場合にも、熱中症が起こる可能性があります。

気温がさほど高くなくても、湿度が80%を超える日は汗が出にくくなるために、体内に熱がこもりやすくなります。

たとえその日が涼しくても、前日まで熱帯夜が続き、高齢や睡眠不足から体力が落ちているような場合は、熱中症となるリスクが潜在的に高まっています。

室内で静かにしていた高齢者の方が熱中症で倒れる場合もありますし、梅雨どきの湿度の高い日に、体調のすぐれない子供が体内の熱をうまく放出できずに熱中症になる場合もあるのです。また夏場の閉めきった浴室での長湯では、入浴中の高齢者の熱中症が起こりやすいとされます。

とりわけ65歳以上の高齢者は、他の年齢層に比べ、重症患者の割合が増加する傾向にあるそうです。

高齢になると汗腺の機能が低下して汗をかきにくくなりますし、体温を調整する自律神経の働きも低下するなど、身体機能が低下して熱中症が起こりやすくなるのです。

ちなみに持病がある方・治療で薬を服用している方は、病気の症状や薬によっては体温調節や発汗が妨げられ、熱中症の発症や症状の重篤化に影響が出るおそれもあります。

夏風邪による発熱や下痢による脱水症状は、そのわかりやすい事例ですね。

気づきにくいところでは、糖尿病で尿に糖が漏れだしていたり高血圧で服用している利尿薬によって脱水状態を招きやすくなったり、あるいは抗うつ薬や睡眠薬など自律神経に影響を与える薬を服用している場合に、副作用で体温調節機能が妨げられるケースなどもあります。

さて、このように熱中症は必ずしも、炎天下や猛暑日に激しいスポーツをしているようなときだけ起こるものではありません。

特にまだ体力がなく、体温調節機能も未発達な幼児・小児に対しては、暑い時期がくる前の梅雨時においても、熱中症に対する備えが必要になります。

また、炎天下の車中に閉じ込められた乳幼児が熱中症で死亡するという痛ましいニュースは、毎年のように耳にされることでしょう。

これは車外にいる大人がさほど暑くないと感じる状況であっても、炎天下の車中は思わぬ高温になっている場合が多いこと、そして乳幼児は体温調節機能がまだ未熟なために脱水症状を起こしやすく、急激な温度変化に身体が対応しきれないため短時間でも症状が重篤化しやすいこと、が主な理由です。

炎天下では、閉めきった車内が45~47℃の高温に達し、車外よりも20℃近く気温が高くなっているケースも珍しくありません。

大人と乳幼児の外気温に対する感覚の違いが、悲劇を引き起こす危険性を常にはらんでいるのです。

以上のとおり、熱中症は室内や車中、あるいは冬の室内など様々な場所・状況で起こりうること、そして外見上さほど汗をかいてなくても脱水症状が進み、熱中症となる場合もあることを知っておきましょう。

熱中症対策 ソレダメ!

東京南青山よもぎ蒸しスタイル薔薇蒸し貴妃座浴  市川由見子です。

 

 

熱中症!それだめ!

熱中症は誰にでも起こり得る恐ろしい病気です。

あらかじめ予防しておくことで避けることは可能ですが、あなたの熱中症対策は果たして本当に正しいものなのでしょうか。

間違った熱中症対策をしている人が、実は意外と多いようです。

間違った熱中症対策

せっかく熱中症を予防するために努力していても、方法が間違っていては意味がありません。

正しい熱中症対策を知ってください。

お茶で水分補給 それだめ!

お茶には利尿作用がありますので、大量に飲むと何度もトイレに行きたくなった経験をお持ちの人は多いでしょう。

暑い日にはただでさえ汗をかいて脱水症状を起こしやすいので、お茶を飲むことでさらに悪化させてしまうことになります。

血中の塩分の濃度を薄めてしまうことになるので、熱中症対策としてお茶は不向きです。

水分補給には必ず塩分と糖分を含んだスポーツドリンクなどを薄めて飲むようにしてください。

室内にいれば大丈夫  それだめ!

直射日光に当たらない室内にいれば熱中症にならない、と思ったら大間違いです。

実際に室内で安静に過ごしていても、熱中症を起こして救急搬送された人はたくさんいます。

高温多湿下の室内は、炎天下の屋外と同じくらい危険だということを忘れないでください。

冷房を使って室内の温度と湿度を快適なものに保ち、こまめに水分補給しながら過ごしましょう。

汗をこまめに拭く  それだめ!

人間は暑さを感じると汗をかくことで体温を下げようとします。

汗をこまめに拭いてしまうことで体温の自然な低下を防ぎ、さらに大量の汗をかくことになってしまいます。

汗を拭くときには固く絞った濡れタオルなどを使用して、皮膚に水滴を残すようにしてください。
そうすれば汗の代わりに水滴が蒸発して、体温を下げることが出来ます。

半袖で外出する   それだめ!

暑い日に外出するときは当然少しでも涼しくするために半袖やノースリーブといった服装をする人が多いでしょう。

しかし、熱中症対策としてはこれは間違えです。

炎天下で肌を露出していると直射日光をダイレクトに浴びてしまうことになるので、紫外線の影響を受けやすくなります。

通気性や吸汗性の良い長袖の衣類を着用することで、汗をかいて体温が下がりやすくなります。

冷たい飲み物で体を冷やす  それだめ!

体を冷やすためにはよく冷えた冷たい飲み物を飲むのが一番、と思われがちです。
しかし冷たい飲み物を飲むと体は「体温が下がった」と勘違いし、汗をかかなくなります。

体の内部の熱は低下していないのに汗をかかなくなると放熱が止まり、熱中症を起こしやすくなります。

水分補給用の飲み物は常温程度のものが良いでしょう。

しっかり予防していたのに熱中症になった経験がある、という人は、本当にその予防方法が正しいものだったか見直してみてください。

これを機に正しい知識を身につけましょう。