カテゴリー別アーカイブ: 貴妃座浴ブログ

美人長命貴妃茶 霊芝効能

名称 霊芝(レイシ)
科名/属名 さるのこしかけ科 / マンネンタケ属(担子菌類)
学名 Ganoderma lucidum(ガノデルマ ルキドゥム)
和名 れいし(霊芝)、かどでたけ(門出茸)、まんねんたけ(万年茸)、さいわいたけ(幸茸)
生薬名 神仙草(シンセンソウ)
ハーブ名 Reishi Mushroom(レイシマッシュルーム)
産地/分布 北半球の温帯の広葉樹林内の枯れ木や切り株
採取/製法 夏から秋に採取し乾燥させます。
部位/形状 霊芝の茸
成分 アルカロイド、βーグルカン(β-glucan)、エルゴステロール・トリテルペノイド(triperpenoide)60種以上、多糖類:フコフルクトグリカン、ペプチドグリカン、アラビノキシルグリカン、その他マンニトール、種々の脂肪酸などを含む
カフェイン ノンカフェイン
作用 腫瘍抑制、肝臓保護、血圧降下、利尿、鎮咳
効果・効能 免膚力強化、ガン予防、高血圧改善、動脈硬化改善、糖尿病予防、アレルギー症状改善、肝臓病予防、利尿作用
香りと味覚 香りはほとんどないものの、苦味が強い。

美人長命貴妃茶 オオバコ車前草効能

名称 オオバコ
科名/属名 おおばこ科 / オオバコ属(オオバコ属に属する多年草)
学名 Plantago asiatica(プランタゴ アシアティカ)
和名 おおばこ(大葉子)
生薬名 車前草(シャゼンソウ)
ハーブ名 アジアンプランテーン(Asian Plantain)、プランタゴ(Plantago)
産地/分布 日本、ユーラシア大陸
採取/製法 花期、葉が十分に成長した頃に全草を採取し、水洗いで泥を落とし根元に着いた枯れた葉を取り除きます。その後天日で干してから陰干しに移し完全に乾燥させます。
部位/形状 おおばこ全草
成分 タンニン、イリドイド、グリコシド〔オクビン〕、アウクビン、プランタギニン、ホモプランタギニン
カフェイン ノンカフェイン
効果・効能 鎮咳、去痰、抗炎症、利尿、尿酸分泌促進
適応 尿路の急性感染症、肺炎、発熱性の腫物
香りと味覚 おおばこ茶にはほとんど香りがなくほのかに千草の風味を感じることが出来ます。

美人長命貴妃茶 ハト麦茶効能

名称 ハトムギ
科名/属名 いね科 / ジュズダマ属(ジュズダマ属に属する一年草)
学名 Coix lacryma-jobi var. ma-yuen(コイックス ラクリマーヨビ メーヤン)
和名 はとむぎ(鳩麦)、しこくむぎ(四国麦)、こうぼうむぎ(弘法麦)
生薬名 薏苡仁(ヨクイニン)
ハーブ名 Job’s tears(ヨブスディアズ)、Pearl Barley(パールバーレイ)
産地/分布 東南アジア、中国、日本
採取/製法 9月~10月頃に刈り取り、種子を乾燥後焙煎します。
部位/形状 はと麦の種子
成分 コイクセノリド、タンパク質、カルシュウム、鉄、カリウム、ビタミンB2、カンペステロール、スティグマステロール
カフェイン ノンカフェイン
作用 腫瘍抑制、利尿、代謝活性、排膿、消炎、抗ウイルス、筋弛緩、鎮痛、皮膚浄化、中枢抑制
効果・効能 イボ取り効果、肌荒れ、抗腫瘍、美肌効果、シミ対策、おでき、はれもの、利尿作用、むくみ解消、滋養強壮
香りと味覚 香ばしい香りで美味しく飲みやすいお茶です。

美人長命貴妃茶  枇杷の葉効能

名称 枇杷葉(ビワハ)
科名/属名 ばら科 / ビワ属(ビワ属に属する常緑高木)
学名 Eriobotrya japonica(エリオボトゥリア ヤポニカ)
和名 びわ(枇杷)、やくおうじゅ(薬王樹)
生薬名 枇杷葉(ビワヨウ)
ハーブ名 Japanese loquat(ジャパニーズ ロークワト)、Japanese medlar(ジャパニーズ メドラー)
産地/分布 中国中南部原産 / 日本では、関東以西の暖地で栽培
採取/製法 7月~8月に1年葉を採取し葉の裏の産毛を取り除き乾燥させます。
部位/形状 枇杷の葉
成分 アミグダリン、ペクチン、トリテルペノイド、ウルソール酸、マスリン酸、メチルマスリネート、ユウスカピン酸、ビタミン類、葉酸、ブドウ糖、ショ糖、果糖、デキストリン、酒石酸、タンニン、オレアソール酸、サポニン、ビタミンB1、クエン酸
カフェイン ノンカフェイン
作用 疲労回復、鎮咳、去痰、嘔吐抑制、殺菌、抗ウイルス
効果・効能 ガンの予防、強壮、疲労回復、食欲増進、下痢止め、湿疹、あせも、咳止め、ぜんそく、健胃、むくみ、利尿、暑気あたり、夏バテ、食中毒の予防、肩こり改善、腰痛改善、糖尿病、ダイエット効果、アトピー性皮膚炎の予防、新陳代謝の促進、美肌効果
香りと味覚 あっさりと美味しく飲みやすいお茶です。

南青山 貴妃座浴 生理痛改善

生理痛改善   貴妃座浴

全ての人に当て嵌るとは言えませんが、
生理痛・不妊症・更年期症状に因果関係があると言われています。

あなたの生理痛が、10年後30年後にも あなたのお悩みの原因になるかも!

生理痛と不妊症

生理痛がひどい人は不妊症になりやすい?

不妊症の原因の一つに生理痛があげられています。生理痛のひどい人すべてが不妊症という訳ではありませんが、割と生理痛がひどい人に不妊症が多いと言われています。生理痛がひどいから不妊症になるという訳ではなく、生理痛の症状が出ている不妊症の原因があると言われています。

例えば子宮内膜症だったり、卵巣のう腫だったり。その病気が不妊症にしてしまっている事も多いです。また他には生理痛が重い状態は、ホルモンのバランスが崩れていたり、そのことから生理不順が続いていたりという原因でもあります。

もし生理痛で悩んでいる人であれば、やはり病院に一度見に行ってもらう事をオススメします。ただの生理痛だと思って、放置している事で早くに分かっていれば不妊にならなくて済んだという事はおおいにありえます。

結婚してから、と思っていませんか?

不妊症の人の多くは、結婚してから自分が不妊症だと知りましたという人です。確かに結婚しないと子供の事も考えられないのですから、当たり前だと思います。でも不妊症の検査をしているうちに、生理痛がひどい事も不妊症に関係していると気づく人も多いようです。

それほど、生理痛と不妊症とは切れないものだったりします。もちろん生理痛ひどい人がすべて子宮関係の病気になっているわけではありませんが、もし生理痛がひどい場合には、結婚前にも診察が必要だと思われます。

診察で何もなかったら

生理痛がひどくて病院に行ったけど、結果何もなかったという人は、とにかくホルモンのバランスを整えるような事をたくさんしてみましょう。色々取り入れてみて合う合わないはもちろんありますから、自分が続けられそうで、効果がありそうなものを探してみるといいでしょう。

生理痛を改善したくてがんばっていたら、不妊症も治って妊娠しました、という声も沢山聞きます。子宮機能が正常になる事につながっているのかもしれません。

ローズ蒸し

貴妃座浴は
よもぎ蒸しスタイルローズ蒸し芳香浴です。

浴用剤は  バラ科の樹木の葉と薔薇のアロマオイル
本物のローズ蒸しです。

薔薇の薫りに包まれるラグジュアリーなひと時

サロンでは、薔薇のアロマオイルと枇杷の葉による座浴を提供しています。

薔薇の薫りで女子力アップしてみませんか?

「バラの香りはストレスを癒す」 ※朝日新聞

ストレスホルモンの分泌を抑える効果

香料の成分にはストレスを抑える効果がある。

資生堂ライフサイエンス研究センターではストレスを与えた被験者にバラの香りを嗅がせた場合と、そうでない場合について血中コルチゾール濃度を比べた。」
香りなしでは、血中濃度は平均35%増加し、香りがある場合は増加しなかった。
同センターの土屋徹・福主幹研究員は「コルチゾール濃度はストレスの最も一般的な指標なので、バラの香り成分がストレスを緩和したと考えられる」と述べ、結果はニュージーランドで開かれる国際生理学会議で発表される。

バラの香りは、何世紀にもわたって人びとが非常に好んできたものです。ブルガリア産のダマスクローズ油は「ローズオットー」という名称でも有名です。

バラの生産地であるカーシャーン地方は海抜約1000メートルに位 置し、北西にはカビール砂漠が広がります。

空気が澄み湿気が少なく、陽当たりの良い温和な気候条件は、最良といわれるダマスクローズを生育するのに適した環境を備えています。
ダマスクローズは農薬を使わないオーガニックで栽培されています。
虫が出た時には焼いてしまうので、被害を最小限にするためテニスコート2枚分の広さの土地を樹で区切って植えられています。

この他にも様々な工夫により高品質を保持しています。

収穫時期になると、花びらからオイルが蒸発する夜明け前に手摘みし、工場へ運び水蒸気蒸留します。

ローズエッセンスが高価であるのは、多量のバラからほんの小量しか抽出されないからです。 4トンのバラから採れるエッセンスの量はたった1キログラムです。

学 名 :Rosa damascena
生産地 :ブルガリア(バラの香りは、何世紀にもわたって人びとが非常に好んできたもので、バラの精油は主としてモロッコ、トルコ、フランスで生産されています。その中でも、ブルガリア産のローズ油・ダマスクローズ油は「ローズオットー」という名称で特に有名なものです。
抽出方法と部位:アンフルラージュ〔冷浸法〕、水蒸気蒸留法、花弁
主要成分:シトロネロール、フェニルエチルアルコール、ゲラニオール、ネロール

○香りの特徴
豊かさと気高さをそなえた最高級の香り。 落ち込んだ気分に自信と幸福感を与え、抑鬱を緩和する。

○心に対するはたらき
バラ油は情緒にたいして緩和作用を示し、とくに抑うつ、悲嘆、嫉妬、憎みといった感情をほぐすのに効果があります。
心を明るく高揚させ、神経の緊張とストレスを和らげます。これがとりわけ女性的な精油であることは確かで、女性に自分自身にたいする肯定的な感情を抱かせます。

○体に対するはたらき
バラ油は子宮のきわめてよい強壮剤になり、月経前緊張症を鎮め、膣からの分泌を促し、月経周期を正常化きせます。
これは、男性側の不妊症にも、精液を増加させる働きを通じて有益な効果をもたらすものと思われます。
この精油は性的な障害、特に冷感症とインポテンツを好転させます。
これは、そうした症状の根底にある緊張とストレスとを、“幸福感をもたらす”ホルモンであるドーパミンを放出させることによつて緩和させるからです。
バラ油は、純化した血液循環を活発にし、心臓の充血を緩和きせ、毛細血管を強化することによって、心臓を強壮にする作用を発揮するように思います。
この精油は、情緒が動揺混乱した際に胃のバランスをとり、それを強化するとともに、その消毒作用と緩下作用とを通じて消化管を浄化するのを助けます。これはまた、吐き気、嘔吐、便秘をある程度まで改善します。

 
古代ローマ人は、二日酔いにバラの効果を珍重しました。
これはたぶん、バラに体内を浄化し毒素(過度のアルコールが肝臓にうっ滞していることはいうまでもないでしょう)を排出する働きがあったためだろうと考えられます。バラ油は黄疸のときにも役に立ちます。

ローズオイルは咽喉痛を和らげ、せきを鎮める作用をもちます。

○お肌に対するはたらき
バラ油はすべての肌質タイプに有益ですが、とくに老化肌、乾燥肌、硬化肌、敏感肌に効果があります。
この精油には強壮・緩和の両特性がありますので、炎症に有効ですし、また毛細血管を収縮させる作用があることから、毛細血管が破れたときの治療にその価値を発揮します。
ローズオイルにはなんと500以上の成分が認められていますが、主成分は次のようになっています。

○化学的な組成
 ゲラン酸(酸)、シトロネロール、ゲラニオール、ファルネソール、ネロール(アルコール類)、オイゲノール(フェノール)、ミルセン(テルペン)

○歴史と神話
水蒸気蒸溜法は、10世紀のアラブの医師アウィケンナが発明したとされていますが、バラはこれで最初に蒸溜するのに使用された植物ではないかと思われます。バラは東方世界で非常に人気のある植物で、ペルシャの戦士たちは赤いバラで自分の盾を飾りました。トルコ人はブルガリアを征服して、17世紀にこの地にバラを導人しました。 

バラは長い間、愛と清純さとの象徴でした。

結婚式ではバラの花びらを撒き、結婚が幸せなものになるように保証しました。バラはたぶん、瞑想と祈りを助けるものだったのでしょう。

それは伝説によると、聖ドミニクス〔1170~1221:スペイン生まれのドミニコ修道会の創立者〕は幻視状態にあったときに聖母マリアの訪問をうけ、最初のロザリオ〔数珠〕を授けられましたが、その数珠の玉の一つ一つがバラの香りを発していたからです。
仏教徒とイスラム教徒も、それぞれ一種のロザリオを使っています。 レッドローズは「薬種屋のバラ」という別称がありますが、これは中世のころ、肺の各種疾患と喘息をなおすのに用いられました。
エリザベス朝時代には、香りをつけた食品が大流行しましたが、このときバラの芳香はとくに人気を呼びました。

第二次世界大戦中にはビタミンCの供給が不足しましたが、ローズヒップ〔バラの果実〕がそれに代用されました。
一九世紀には、フランスのバラ産業が急激な発展をとげ、それ以来バラ油は香水と石けんの成分としてポピュラーなものになっています。

※ 「アロマテラピーのための84の精油」 (フレグランスジャーナル社)から抜粋

●参考:アロマセラピーでローズを使用する目的 ・女性のホルモンバランスを整える ・更年期症状の緩和 ・強い消毒作用 ・胆汁分泌、脾臓機能促進作用 ・血行不良に ・精神不安、抑鬱症状に ・緩下作用 ・胃腸障害 ・SEXオイル(潤滑) ・催淫効果(女性の不感症・男性のED) ・脂肪分解 ・便秘、下痢の両方に ・目の炎症 ・月経不順・月経痛の緩和 ・頭痛 ・不眠 ・冷え性 ・肌の老化抑制、乾燥肌・敏感肌を和らげる ・美肌、アンチエイジング効果

ローズ蒸し 貴妃座浴 アロマオイル使用上の注意

貴妃座浴は
バラ科の枇杷の葉その他バラ科の樹木とローズオイルを使った、

よもぎ蒸しスタイルのローズ蒸し芳香浴です。

 

 

アロマオイルの薫りを楽しみ
樹木の効能を皮膚から吸収(経皮吸収) 
体を温めることによる自然治癒力免疫力アップの効能があります。

 

薫りを楽しむアロマオイルですが
その使用方法には、いくつかの注意が必要です。

 

(最近アロマオイルを直接肌につける、食用にすることを薦めている方がいられるので記事にしました)

 

 

アロマオイル(精油)を上手に使うために、 次のようなところに注意してお使いください。

 

1.アロマオイル(精油)を直接、肌につけない

アロマオイル(精油)は、原料となる植物が抽出されるときに、自然の状態よりも、とても濃縮されていて、刺激が強くなっています。 

必ず、キャリアオイルや水、アルコールなどで希釈して使ってください。

 
ラベンダーの精油だけは、原液で使用できるといわれています。

 

マッサージに使うときは、成人の場合で、フェイスマッサージの場合1%以下、からだの場合2%以下に希釈してください。
その場合も、パッチテストは必ずするようにしましょう。

※ パッチテスト ~ 
作ったマッサージオイルを上腕部の内側に塗って、30分以上たっても、発疹や炎症が起きていないか確かめてください。

 

 

2.アロマオイル(精油)を内服、飲用しない

 

 

3.妊娠中は、使用をさける

 

 

アロマオイル(精油)の中には、妊娠中のデリケートな体調に影響をあたえるものもあります。 
軽い芳香浴以外のアロマオイル(精油)の使用はさけてください。

 

特に、次のアロマオイル(精油)は注意が必要です。

アニス、カユプテ、クラリーセージ、シダー、スターアニス、タナセタム、トゥルーバルサム、ナツメグ、ニアウリCT1、ニアウリCT3、ネロリ、パルマローザ。

 

4.乳幼児、子供のための注意

3歳未満の乳幼児には、芳香浴以外は使用しないようにしましょう。

また、3歳以上の子供でも、大人より少ない量で使ってください。

 

特に、次のアロマオイル(精油)は注意が必要です。

ユーカリ・ヴィニナリス、ユーカリ・グロブルス、ユーカリ・ポリブラクティアCT1

 

 

5.アロマテラピーを医療のかわりとしない

6.保管には、十分な注意を

 

アロマオイル(精油)は、太陽の光、熱、空気、湿気などで、成分が変化してしまうので、使用後はキャップをきちんと閉めて、冷暗所で保管しましょう。

 

 

開封後は、柑橘系のものは半年以内、その他のものは、1年以内に使いきりましょう。

 

 

7.柑橘系のアロマオイル(精油)は、紫外線に注意

 

柑橘系のアロマオイル(精油)、アンゼリカ(シード)、アンゼリカ(ルート)、オレンジ・ビター、クミン、グレープフルーツ、ベルガモット、レモンなどは、肌につけて紫外線にあたると、シミなどのお肌のトラブルを起こすことがあるので、肌に使用したあと、12時間以内は、紫外線にあたらないようにしましょう。

 

 

8.てんかんの発作を起こしたことがある方、乳幼児、妊産婦、授乳中の女性の方に注意が必要なアロマオイル(精油)
アトラスシダー、アルベンシスミント、カラミント、キャラウェイ、シナモン・カッシア、セージ、ヒソップ、ヒマラヤスギ、フェンネル、ペパーミント、ヘリクリサム、ヤロー、ユーカリ・ディベス、ユーカリ・ポリブラクティアCT2、ラベンダー・ストエカス、ランタナ、ローズマリー・カンファー、ローズマリー・ベルベノン、ワームシード

 

 

9.高血圧の方は使えないアロマオイル(精油)
ローズマリー

 

 

10.生理中は使わない方がいいアロマオイル(精油)
クラリセージ、スィート・マジョラム、フェンネル

 

 

11.敏感肌の人は、注意した方がいいアロマオイル(精油)
イランイラン、オレンジスィート、ジャスミン、ジュニパー、スゥイートマジョラム、ゼラニウム、ティートリー、フェンネル、ブラックペッパー、ペパーミント、ベルガモット、ベンゾイン、メリッサ、レモン、レモングラス、アジョワン、オレガノ、クミン、クローブ、シナモン・カッシア、シナモン(樹皮)、シナモン(葉)、タイム・チモール、タイム・パラシメン、マジョラム・ウィンター、ロベジ

 

 

上記、注意もアロマオイルをお使いの場合のすべてではありません。個人差もあると思いますし、各アロマオイル(精油)の細かな特徴もあります。

million steps walkers ミリオン ステップス ウォーカーズ 発足

https://kihizayoku.stores.jp/items/5dd23f5be390072bd66fd3ff

 

million steps walkers ミリオン ステップス ウォーカーズ

 

街歩きのオンラインサロン発足しました!

 

私自身以前は、10分ほどの距離でもタクシーに乗りたい「歩きたくないウォーカー」でした。

 

2年ほど前から1日1万歩を目標設定して歩き始め、

友人と毎日歩いた歩数をラインで報告し合っていました。

 

今でも毎日ではありませんが、1万歩歩いています。

 

歩くことが習慣になると、

今まで行くことを躊躇していた 熊野古道&那智大社、横浜洋館巡り

三宮洋館巡り 府内33観音巡り バーチャルで東海道53次を歩くことができました。

 

そこで毎日歩いた歩数を報告し合う「オンラインサロン million steps walkers ミリオン ステップス ウォーカーズ」を発足いたしました。

 

バーチャルで私と一緒に100万歩目指して歩きませんか?

 

 

 

もう歩いています!

 Walker 歩かなきゃ!

 Walker 挫折しそう! Walker 歩くぞ! 

 

Walker Walkerの皆さんと一緒に Walkingを楽しみながら続けていくために開設したのが 「MTW」です。 

 

歩くのが楽しい!という方を心からお待ちしています。 

 

<オンライン> 会員の皆さんの Walkingを投稿 時々運営からメンタルを含めた Walkerのケアー投稿もあります 

 

<オフライン> 運営主宰者 市川由見子を交えての交流会 街歩き等、オファーがあれば各地で開催企画中です。 

 

★こんな方におすすめ★ 

 

 

健康のために歩かなきゃと思っている方 ひとりで歩いてもつまらないと思っている方 歩いても達成感がないのが不満の方 におすすめです。 

 

 このコミュニティ はLINEグループを利用したwalkersの交流サークルです。 

私は、一昨年までは1駅くらいの距離でもタクシーに乗るような、walkerには程遠い生活をしていました。 

 

現在は毎日ではありませんが、walkerを続けています。

 

 歩く事が日常的になると、以前から行きたかった 那智熊野古道 横浜洋館巡り 三宮洋館巡り 江戸三十三観音巡りを歩くことが出来ました。

 

 walkerが続けられたのは、歩数を報告していたからと思っています。 

 

 

そこで孤独になりがち挫折しがちのwalkersが楽しんで歩き続けられる交流サークルを立ち上げることにしました。

 

 

 コミュニティに毎日歩数を報告しあい ゆっくり焦らず100万歩 バーチャル東海道53次をご一緒に歩きませんか? 

 

 

オフ会は、みなさんと鎌倉 横浜、いずれは京都奈良 斑鳩の道など歩きたいです。

 

 walkersのメンバーでホノルルの『ランアンドウォーク マラソン』に参加出来たら嬉しいです。 

また「今日はこの辺り歩きました!良かったです!」のコメント動画も大歓迎! 

 

 

健康になるwalkersサークルに参加しませんか?

 

 

ローズ蒸し貴妃座浴ベビー誕生!

南青山 ローズ蒸し 貴妃座浴ベビー プレママに注意すべきハーブティー

 

妊婦が避けたいハーブティー

 

 

あ行

  • アーニカ
  • アンジェリカ
  • ウコン
  • エフェドラ
  • オレゴングレープ

か行

  • カバ
  • キャッツクロー
  • グーグル
  • グレーターセランディン
  • ゴールデンシール
  • コルツフット
  • コンフリー

さ行

  • サフラン
  • シナモン
  • シャパラル
  • ジャマイマカンドッグウッド
  • スージャ
  • スィートフラッグ
  • セージ
  • センナ

た行

  • タンジー
  • チェストベリー
  • ティロフォラ
  • ドンクアイ(トウキ・当帰)

な行

  • ナツメグ
  • ニーム

は行

  • パウダルコ
  • パスクフラワー
  • バーベイン
  • バーベリー
  • フィーバーフュー
  • フェヌグリーク
  • ブラダーラック
  • ブラックコホシュ
  • ブラッドルート
  • ブルーム
  • ペニーローヤル
  • ポークルート
  • ボルド
  • ホワイトホアハウンド

ま行

  • マグワート
  • マザーズワート
  • ミッスルトウー
  • ミルラ

や行

  • ヤロー

ら行

  • ライフルート
  • ラズベリーリーフ
    ※妊娠初期・中期は避けたいですが、妊娠後期からの出産準備におすすめです。
  • リコリス
  • ルー
  • レモングラス
  • ローズマリー
  • ロベジ

わ行

  • ワイルドチェリー
  • ワームウッド

妊婦さん用とうたっていても、中には妊婦さんが控えた方がいい禁忌ハーブが入っている場合もあります。

少し手間ですが、ハーブティーを買うときは、念のため禁忌ハーブが入っていないか自分で確かめるのが一番安全ですね。

ローズ蒸し 貴妃座浴ベビー

南青山 ローズ蒸し貴妃座浴 今年も嬉しい貴妃座浴ベビーが誕生しています。

 

プレママの座浴については細心の注意を払い

通常のアロマオイルの使用は控えてい 枇杷の葉のみの浴用剤の座浴になります。

 

妊娠中の使用がNGなアロマをチェック

妊娠中は使用を避けたほうがいいエッセンシャルオイルを知っておきましょう。中には誰もが知るメジャーなものも含まれています。

通経作用のあるアロマ

通経作用とは生理を促す作用のことです。生理不順や生理痛の緩和などに効果があるとされています。

このように卵巣機能や女性ホルモンの分泌に影響するアロマは、念のため妊娠中の使用は控える事をおすすめします。

名称作用
クラリセージ エストロゲン様作用があり月経を促します
ローズ 女性ホルモンに作用し、生理不順・生理痛に作用する
ローズマリー 若返りの象徴と言われる。通経作用がある
カモミール 婦人病の治療に使われてきた歴史がある。通経作用がある
シナモンリーフ 生理痛を緩和する作用がある
スペアミント 通経作用が認められる
ラベンダー 通経作用がある。少量月経に効果があるとされる
セージ エストロゲン様作用があるとされる
マジョラム 生理不順や生理痛を緩和する
フェンネル エストロゲン様作用があるとされる
サイプレス ホルモンバランスを調整する。妊活に用いられる事も

他、バジル、ジュニパー、シストローズ、タラゴン、ミムラ、ヤロウ、ローズオットーなど。

ミントの成分はガムなどの商品にもよく含まれていますし、ラベンダーやローズマリーはスキンケア用品にもよく使われる成分です。

日常的に触れる成分も存在しますが、神経質に避ける必要はありません。食品やスキンケア用品に含まれる場合は、濃度が薄いので問題はないとされています。

しかし、エッセンシャルオイルに関しては万が一のトラブルや不安を避けるために、できる限り使わないほうが安心です。

分娩を促すアロマ

アロマの中には分娩を促す作用が認められるものがあり、中には医学的研究を踏まえアロマテラピーを取り入れている産婦人科もあります。

出産時にアロマを活用しスムーズな出産に役立てたり、陣痛を和らげるために使用することもあります。

名称作用
ジャスミン 出産時に用いられる。子宮の痛み緩和、子宮収縮を促すとされる
ゼラニウム ホルモンバランス調整作用・子宮収縮作用がある
ヒソップ 子宮を収縮する作用があるとされる
クローブ 子宮を収縮する作用があるとされる
パルマローザ 子宮を収縮する作用があるとされる

他にもクラリセージ、ラベンダー、ジュニパー、ローズ、ぺパーミントなど。

神経毒性の強いアロマ

神経毒性とは、神経系統に強く作用する働きのことで、妊娠中・授乳中の女性、乳幼児、高齢者、重い疾患を持つ人、てんかんの人は使用をさけたほうが良いとされています。

特に、毒性の強い「ケトン類」を多く含むエッセンシャルオイルは注意が必要です。

ケトン類は鎮痛作用・鎮静作用・粘液溶解作用(痰や鼻水の切れをよくする)が代表的ですが稀に痙攣を起こしたり、手足のしびれや熱感、ヒリヒリした肌の痛み、脚がつるなど神経系の症状が発生する場合もあります。

また、体が過剰反応することで頭痛や吐き気、めまい、興奮作用を引き起こす場合もあるようです。

ケトン類毒性の事故例は海外で発生していて、エッセンシャルオイルを服用することで起きています。芳香浴であれば過剰に心配する必要はないとされています。

名称作用
ローズマリー・カンファー 神経毒性が高く、血圧を上げる作用もある
セージ 多量使いは頭痛・吐き気・過剰な興奮又は落ち込みがある
ヒソップ 血圧を上げる作用がある。過剰な興奮を起こす場合もある
ペパーミント 血圧をあげる作用がある

他に、シダーウッド、フェンネル、ブラックペッパーなど。

血圧を上げる作用のあるアロマは、妊娠高血圧症候群の妊婦さんは特に注意が必要です。

メジャーなあのアロマも控えよう

よく耳にするメジャーなアロマも妊娠中の使用を控えたほうがよいと言われています。イランイランは愛情に語りかける香りとして有名ですが、通経作用も認められています。

また、肌刺激が強いものは妊娠中の肌トラブルを考慮して避けたほうが無難です。

名称作用
イランイラン 性欲強壮作用もある。ホルモンバランスを整え通経作用もある
レモングラス レモングラスはレモンとは異なる植物。作用が強く肌刺激がある
コリアンダー 毒素や老廃物を出す効果。作用が強く肌刺激がある