カテゴリー別アーカイブ: 薬葉研究会

東京南青山よもぎ蒸しスタイル薔薇蒸し貴妃座浴 花粉症対策

東京南青山よもぎ蒸しスタイル薔薇蒸し貴妃座浴 市川由見子です。

 

この時期 貴妃座浴では、花粉症対策ブレンドの座浴を提供しています。

 

通常の枇杷の葉に甜茶・カモミール・ペパーミントの茶葉にラベンダーまたはペパーミントのアロマオイルの

花粉症対策座浴です。

 

それに加えて、美人長命貴妃茶のアフタヌーンティー

 

ご自宅でお飲みいただくとより一層効果が期待できる 薬葉茶もお知らせしています。

 

花粉症対策にオススメのお茶

甜茶

花粉症対策としては最もポピュラーなお茶ですね。甜茶は抗アレルギー効果が高いお茶として耳鼻咽喉科臨床学会でも報告されています。ヒスタミンの分泌を抑える甜茶ポリフェノールという成分が甜茶に含まれていて、花粉症や様々なアレルギーに効果を発揮します。

ただし、甜茶で花粉症対策をする際には、ぜひ気をつけていただきたいことがあります。甜茶は元々の種類が数種ありますので、選ぶ際には『バラ科』の甜茶を選ぶようにしてください。花粉症の症状緩和が期待できる甜茶ポリフェノールが含まれているのは、バラ科の甜茶だけです。よく調べてから購入するようにしたいですね。

べにふうき茶

べにふうき緑茶は、アッサム雑種の紅茶「べにほまれ」とダージリン系「枕cd86」によって作られたお茶です。抗酸化作用がある他、肥満細胞がIgEに結合するのを抑え、ヒスタミンの放出を抑える働きもあるため、花粉症の症状を和らげる効果があるとされています。
メチル化カテキンはこのべにふうきなど一部の品種の緑茶、茶葉にだけ含まれているのですが、べにふうきに含まれているメチル化カテキンの量は、凍頂烏龍茶に含まれている量の4倍以上にもなります。このメチル化カテキンの含有率の高さから、実験ではべにふうきを飲んだ約半数もの花粉症患者の症状が改善されたという報告があります。

注意点ですが、花粉症対策として効果が期待できるのは、「“緑茶の”べにふうき」です。紅茶としてのべにふうきは、発酵段階で上述の「メチル化カテキン」が失われていますので、間違えないよう気をつけてくださいね。

ルイボスティー

「ルイボス」は南アフリカのごく一部の山野にしか自生しない針葉樹。「ルイボス」の細かな葉を発酵後、乾燥させたものが健康茶となり、南アフリカの先住民からは「不老長寿のお茶」と呼ばれています。 ルイボスティーには免疫力を高める効果があります。また、花粉アレルギー「ヒスタミン」に有効なフラボノイドを豊富に含みます。しかもルイボスティーに含まれるSODは、この活性酸素を除去することで有名です。しかも、ルイボスティーに含まれるSODの量は、緑茶の50倍・ウーロン茶の30倍だそう。カフェインも含みませんので、アトピーにお悩みの方が常飲するのに向いています。

シジュウム茶

シジュウムは南米原産のフトモモ科シジュウム属の果樹で、古くから南米のインディオたちに“聖なる木”と、長い間切り傷や皮膚病などの民間薬として親しまれてきた植物です。シジュウムの葉から抽出したエキスに、アレルギー症状を引き起こす原因となるヒスタミンの抑制作用が認められ、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、花粉症に効果があることが分かってきました。シジュウムを摂取するとIgE抗体が作られにくくなり、アレルギー症状を抑える効果が期待できるのです。またシジュウムに含まれるタンニン類は、くしゃみや目の痒みなどの症状を引き起こす炎症物質、ヒスタミンの放出を抑え、その効力は同様の抑制作用を持つアロエエキスの約100倍にもなり、アレルギー症状に対しては即効性が認められています。

ハトムギ茶

かつて“生命と健康の草”と呼ばれ、薬用効果をもった栄養価の高い食品として、いまでも根強い人気のあるハトムギ。ハトムギは抗酸化成分が豊富で、アレルギーによる炎症を抑え、アレルギー症状を軽減するといわれています。さらにハトムギのタンパク質は良質なアミノ酸でできているため、新陳代謝を活発化させ、肌荒れなどのトラブルを緩和する効果も期待できます。

くせがなく幅広く親しまれているハトムギ茶ですが、まれに体質に合わない人もいるため、妊婦の方などは注意が必要です。

東京南青山よもぎ蒸しスタイル薔薇蒸し貴妃座浴 薬葉講座

東京南青山 南青山よもぎ蒸しスタイル薔薇蒸し貴妃座浴 市川由見子です。

 

 

私は、よもぎ蒸しスタイル枇杷の葉座浴 貴妃座浴開店以前から
枇杷の葉の効能以外の薬葉や民間代替え医療・経絡・薬膳の勉強をしていました。

 

 

 

幼い時から、祖母がドクダミ茶・ハト麦茶を作ってくれたので、、幸にも肌荒・吹き出物・にきびで悩むことがありませんでした。

 

 

うちの子供たちも、曾祖母直伝の「美肌茶」で育てましたので、、ニキビの治療をしたことがありません。

 

 

古来からの民間治療法も改めて見直してみては、如何でしょうか?

 

 

 

最近注目しているのは「イチョウ!」

なんとヨーロッパでは、認知症、アルツハイマーの治療薬と認知されているとか!

 

 

 

元気な美的生活 転載

 

イチョウの有効成分

 

 

フラボノイド
黄色の色素でポリフェノールの一種です。イチョウ葉エキスには、30種類ものフラボノイドが含まれていて、血液循環の効果が特に高いといわれている「二重フラボン」が特有成分として6種類も存在しています。「二重フラボン」とは、他のフラボノイドと比べて約3倍も効果が高いといわれています。

 

ギンコライド
イチョウ葉エキスのみに含まれる、ファイトケミカルと呼ばれる健康成分の一種。

 

 

イチョウの葉の効果・効能について

ichonoha3
30種類ものフラボノイド、中には他のフラボノイドと比べて約3倍も効果が高い二重フラボンを含み、イチョウ葉エキスのみに含まれるギンコライドを有効成分としているイチョウの葉からの効果は・・・?

 

 

血流改善効果

血流の改善作用は、主に3つの作用の相乗効果によって行われています。

 

 

血管を拡張する作用
血管を収縮させるトロンボキサンA2の働きを抑制する作用

 

 

血小板の凝集を抑制する作用
血小板を凝集させる物質であるPAFの作用を妨げる働きがあります

 

 

活性酸素の生産を抑制する作用
抗酸化作用を持つイチョウ葉エキスは、レステロールの酸化を抑えて血液をサラサラにします

 

 

この3つの作用の相互作用から、血流改善効果が期待できるのです。

 

 

冷え性改善効果
血流改善の作用は、冷え症の改善にも効果があります。そもそもめまいや耳鳴り、肩こりなどは血流が悪いことが原因となって起こる代表的な症状なんです。体内の血流が良くなることで自然と解消されますよ。

 

 

 

脳梗塞予防効果
動脈硬化や高血圧などの病気を予防する効果も期待できます。これも血流改善効果が関係してくるのですが、脳は多くの酸素や栄養素を必要としています。血流の状態によって脳の健康も左右されるんです。

 

 

 

認知症予防効果

【アルツハイマー型認知症予防効果】
アルツハイマー型認知症の代表的な症状は、記憶障害、判断力の低下、妄想や幻覚などが挙げられます。アルツハイマー型認知症を患った人の脳には、茶色いシミ(老人斑)が多く見られるといわれています。このシミの正体はアミロイド-βというたんぱく質の一種。イチョウ葉エキスには、このアミロイド-βの蓄積を妨げる働きがあり、量を減少させるこ効果があるのです。

お茶で糖尿病予備軍ケアー

 

東京表参道南青山 よもぎ蒸しスタイルローズ蒸し芳香浴貴妃座浴

 

 

貴妃座浴のお客様で重症?な糖尿病予備軍の方はいられませんが

私も少し血糖値が高いので用心養生しなければ!

 

 

 

糖尿病を予防するお茶

  • アフリカつばき茶:テアフラビン(糖分吸収抑制)
  • アロエ茶:アルボランA・B(血糖値抑制)
  • カキドオシ茶:(血糖降下作用)
  • 菊芋茶:イヌリン(食後血糖値の改善)
  • ギムネマ茶:(糖の吸収を抑える)
  • グアバ茶:グアバ葉ポリフェノール(αアミラーゼ阻害、食後血糖上昇抑制)
  • 桑葉茶:デオキシノジリマイシン(αグルコシダーゼ阻害、糖の吸収を遅く)
  • ゴーヤ茶:チャランチン(血糖値を下げる)
  • ゴボウ茶:イヌリン(食後血糖値の改善)
  • サラシア茶:サラシノール(αグルコシダーゼ阻害、血糖値の上昇を抑える)
  • シジュウム茶:カテキン(食後血糖値を緩やかに)
  • バナバ茶:コロソリン酸(血糖値を下げる)
  • 枇杷の葉茶:コロソリン酸(血糖値を下げる)
  • プーアール茶:(降血糖作用、2型糖尿病の予防と軽減)
  • ヤーコン茶:フラクトオリゴ糖(血糖値コントロール)

美人長命貴妃茶  霊芝

霊芝の特徴と効果・効能

名称 霊芝(レイシ)
科名/属名 さるのこしかけ科 / マンネンタケ属(担子菌類)
学名 Ganoderma lucidum(ガノデルマ ルキドゥム)
和名 れいし(霊芝)、かどでたけ(門出茸)、まんねんたけ(万年茸)、さいわいたけ(幸茸)
生薬名 神仙草(シンセンソウ)
ハーブ名 Reishi Mushroom(レイシマッシュルーム)
産地/分布 北半球の温帯の広葉樹林内の枯れ木や切り株
採取/製法 夏から秋に採取し乾燥させます。
部位/形状 霊芝の茸
成分 アルカロイド、βーグルカン(β-glucan)、エルゴステロール・トリテルペノイド(triperpenoide)60種以上、多糖類:フコフルクトグリカン、ペプチドグリカン、アラビノキシルグリカン、その他マンニトール、種々の脂肪酸などを含む
カフェイン ノンカフェイン
作用 腫瘍抑制、肝臓保護、血圧降下、利尿、鎮咳
効果・効能 免膚力強化、ガン予防、高血圧改善、動脈硬化改善、糖尿病予防、アレルギー症状改善、肝臓病予防、利尿作用
香りと味覚 香りはほとんどないものの、苦味が強い。

美人長命 貴妃茶 蓮の葉

ハスの葉茶【蓮茶】作り方、効能、効果などの情報


ハス【蓮】
  ハス
   
植物データ
学名 Nelumbo nucifera
科目/属名 ハス科 多年生水生植物
開花期 7~8月
   
薬草としてのデータ
生薬名 レンヨウ【蓮葉】レンニク【蓮肉】レンカ【蓮花】
薬用部 種子、葉、花
採取時期
作り方 日干しにする。
主要成分 ・ラフィノース(オリゴ糖)
効果/効能 ・血液中の脂肪分を排出する。
・血液中の悪玉コレステロールを排出する。
・体内の水分バランスを正常にする働きがある。
備考 花頭には肌によい植物性膠原タンパク質が含まれている。カフェインは含まない。
   
利用分野
健康茶 ○蓮の葉茶
・効果・効能・予防 便秘解消
・血行促進
むくみ解消
高血圧の予防
脳梗塞の予防
心筋梗塞の予防
動脈硬化の予防
ダイエット効果
美肌効果
・美容効果
・ダイエット効果
・美肌効果・・・血行が促進され新陳代謝が高まるので肌に良いとされている。
・ダイエット効果・・・血液中の脂肪分や悪玉コレステロールが排出される。
薬草・漢方
青汁
料理の食材 ○レンコン
薬草酒・薬用酒 ○蓮の葉酒
入浴剤
草木染 ○蓮の葉染め

美人長命貴妃茶  ハト麦

ハトムギ茶【はとむぎ茶】作り方、効能、効果などの情報


ハトムギ【鳩麦】
  
   
植物データ
学名 Coix lacryma-jobivar. ma-yuen
科目/属名 イネ科 ジュズダマ属
開花期 7~8月
   
薬草としてのデータ
生薬名 ヨクイニン
薬用部 種子
採取時期 9~10月
作り方 日干しにする。
主要成分 コイクセノライド(老廃物を排出し血液を浄化する)
・ラクトン
・コイキサンA
・ステアリン酸
・オレイン酸
・リノール酸
効果/効能 イボとり、肌荒れ、抗腫瘍、美肌、おでき、はれもの
利尿、むくみ、滋養強壮
備考  
   
利用分野
健康茶 ○はとむぎ茶(ハトムギ茶)
・効果・効能・予防 イボ取り効果
・肌荒れ
・抗腫瘍
美肌効果
シミ対策
・おでき
・はれもの
・利尿作用
むくみ解消
・滋養強壮
・美容効果
・ダイエット効果
美肌効果・・・皮膚細胞の老廃物を排出を促す。
薬草・漢方
青汁
料理の食材
薬草酒・薬用酒 ○ハトムギ酒・・・殻をとったハトムギを焼酎に漬込み2~3ヶ月冷暗所にて保管するとハトムギの健康成分が抽出され出来上がります。
化粧水 ○ハトムギ化粧水
入浴剤
草木染

美人長命貴妃茶  杜仲茶

杜仲茶【トチュウ茶】作り方、効能、効果などの情報


トチュウ【杜仲】
  トチュウ
   
植物データ
学名 Eucommia ulmoides
科目/属名 トチュウ科 落葉高木
開花期  
   
薬草としてのデータ
生薬名 トチュウ【杜仲】
薬用部 樹皮、葉
採取時期 4~6月
作り方
主要成分 ・グッタベルタ
・ピノレジノール・ジグルコサイド
・アルカロイド
・ビタミンC
・エーテル抽出物
・ペクチン
・イリドイト配糖体のゲニボシド酸(血圧降下作用)
・ゲニポシド酸
効果/効能 ・滋養強壮
・鎮痛
・血圧降下
・利尿作用の促進
・動脈硬化
糖尿病の予防
備考  
   
利用分野
健康茶 ○杜仲茶(ダイエット健康茶として人気です。)
・効果・効能・予防 ・強壮
・強精
・関節痛の緩和と改善
・血圧の安定
・血圧を下げる
高血圧の予防
・生活習慣病の予防
・血行促進
・利尿作用の促進
・鎮痛
動脈硬化の予防
・血管強化
ダイエット効果
・肥満予防
・ガン予防
・ストレス解消
・コレステロール降下作用
・老化防止
・美容効果
・ダイエット効果
ダイエット効果・・・コレステロールや中性脂肪を減少させる作用があるといわれ体脂肪の減少を促す。
薬草・漢方
青汁
料理の食材
薬草酒・薬用酒 ○杜仲酒・・・杜仲を細かく砕いてホワイトリカーに漬込み1~2ヶ月程度冷暗所に保管する。お好みで砂糖を加えると飲み易くなる。
入浴剤
草木染

美人長命貴妃茶  車前草

オオバコ茶【おおばこ茶】作り方、効能、効果などの情報 


オオバコ【大葉子、車前草】
  
   
植物データ
学名 Plantago asiatica
科目/属名 オオバコ科 多年草
開花期 春~秋
   
薬草としてのデータ
生薬名 シャゼンソウ【車前草】シャゼンシ【車前子】
薬用部 全草、種子
採取時期 全草は4~9月、種子は秋
作り方 全草は水洗い後、日干しにする。地上部を刈り取り日干しにした後、種子を集める。
主要成分 ・アウクビン
・コリン
・オークビン
・プランタギニン(フラボン配糖体)
・コハク酸
・ヒスピズリン
効果/効能 咳止め、利尿、健胃、整腸、消炎、鼻血、むくみ、下痢
備考  
   
利用分野
健康茶 ○オオバコ茶
・効果・効能・予防 ・咳止め
・利尿作用
・健胃
・整腸
便秘解消
・消炎
・鼻血
むくみ解消
デトックス効果
・下痢
ダイエット効果
薬草・漢方
青汁
料理の食材 ○オオバコ料理・・・若葉(和え物、天ぷら)
薬草酒・薬用酒
入浴剤
草木染

美人長命貴妃茶  枇杷の葉

ビワ茶【びわ茶】作り方、効能、効果などの情報


ビワ【枇杷】
びわ  
   
植物データ
学名 Eriobotrya japonica
科目/属名 バラ科 ビワ属
開花期 11~12月
   
薬草としてのデータ
生薬名 ビワヨウ【枇杷葉】
薬用部
採取時期 9月頃
作り方 綿毛を取ってから日干しにする。
主要成分 ・アミグダリン(アミグダリン青酸配糖体は別名ビタミンB17、肝臓や腎臓の調子を整え、解毒促進)
・ペクチン
・トリテルペノイド
・ウルソール酸
・マスリン酸
・メチルマスリネート
・ユウスカピン酸
・ビタミン類
・葉酸
・ブドウ糖、ショ糖、果糖
・デキストリン
・酒石酸
・タンニン
・オレアソール酸
・サポニン
・サポニン
・ビタミンB1
・クエン酸
効果/効能 強壮、疲労回復、下痢止め、湿疹、あせも、咳止め、
健胃、制ガン作用
備考 アミグダリンはアメリカをはじめ20カ国以上でガン治療薬として使われている。(レートリル療法)
アミグダリンは、ガン細胞に出会うと活発に分解して青酸とベンツアルデヒドになる。青酸だけではガン細胞を1%しか殺せない。また、ベンツアルデヒドだけでは20%しか殺せない。ところが2つの物質が組み合わさると、ガン細胞を全滅させることが確認されている。一方、ガン細胞以外の正常な細胞に対しては、コーダネーゼという保護酵素が両物質を中和して、人体に無害で有益な物質に変えてしまう。
  ※カフェインは含まれていません。
利用分野
健康茶 ○びわ茶(びわの葉茶)
・効果・効能・予防   ガンの予防・・・アミグダリンが体内で分解されガ
           ン細胞を攻撃する。
・強壮
・疲労回復
・食欲増進
・下痢止め
・湿疹
・あせも
・咳止め
・ぜんそく
・健胃
・むくみ
・利尿
・暑気あたり、夏バテ
・食中毒の予防
・肩こり改善
・腰痛改善
・糖尿病
ダイエット効果
アトピー性皮膚炎の予防
・新陳代謝の促進
美肌効果
・美容効果
・ダイエット効果
美肌効果・・・アミグダリンの解毒作用で新陳代謝が促進される。
美髪効果・・・アミグダリンの解毒作用で新陳代謝が促進される。
ダイエット効果・・・利尿作用でむくみをとる。
薬草・漢方
健康茶飴 びわ種葉茶飴
青汁
料理の食材 ○びわ料理 びわジャム、びわジュース、果実(生食)
薬草酒・薬用酒 びわ葉酒
入浴剤 ○びわの葉湯
草木染
その他 びわ葉化粧水

必見!内臓脂肪に効くお茶

必見!内臓脂肪に効くお茶

杜仲茶(トチュウ茶)

必見!内臓脂肪に効くお茶デトックス飲料として有名な杜仲茶。

 

内臓脂肪ダイエットプログラムでは、
「たったの2週間で内臓脂肪が半分に減った」
という事例もあり、驚きの効果を期待できるお茶です。

 

しかし、そのデトックス効果が強いため、
杜仲茶は飲みすぎるとお腹がゆるくなる事がありますので注意しましょう。

 

プーアル茶

必見!内臓脂肪に効くお茶中国4000年の歴史の中でも
最もデトックス効果が強いと言われるプーアル茶。

 

プーアル茶は脂肪燃焼系飲料の元祖とされており、
内臓脂肪を効果的に落としてくれます。

 

体内の脂肪分や糖分を吸収し分解してくれる能力がある事に加え、
血糖値を抑え消化や血行を促進してくれます。

 

緑茶

必見!内臓脂肪に効くお茶日本人には最も馴染み深い飲み物である緑茶。

 

緑茶に含まれるカテキンには
内臓脂肪を減らす効果があると言われています。

 

CMでもおなじみの「ヘルシア緑茶」は有名な所ですが、
お茶として考えると値段が高いと思いませんか?

 

ヘルシア緑茶は高濃度茶カテキンのお茶なので味も濃いと思います。
この緑茶は自宅でも簡単に作る事が出来ます。

 

カテキンが最も多く含まれる緑茶の茶葉と言うのは一番太陽の光を浴びて育った
最後の最後に詰まれた茶葉なのです。

 

だから高級茶葉にはカテキンは沢山含まれていません。
より安い値段で売られている緑茶こそカテキンが多く含まれているのです。

 

そしてその茶葉をたっぷり使ったきゅうすの中に沸騰した熱々のお湯を入れれば、
高濃度のカテキン茶は簡単に作れるのです。
日本人が愛する緑茶を生活に取り入れてみましょう。

 

黒ウーロン茶

必見!内臓脂肪に効くお茶

 

良く、油っぽい食事にはウーロン茶と言うフレーズを耳にしますね。

 

その中でも黒ウーロン茶は内臓脂肪に効果的で、
食事と一緒に飲むことで食事に含まれる脂肪分の20%を抑えてくれる
と言う研究結果も出ています。

 

これは黒ウーロン茶の中に入っている成分であるポリフェノールが
脂肪分の吸収を抑えてくれる働きによるもので、
体内に吸収された脂肪分も排泄物として排出しやすくしてくれる働きもあります。

 

びわ茶

必見!内臓脂肪に効くお茶

 

日本でも古くから薬膳としてあらゆる病気につかわれてきたびわの葉。
この新芽を取って作られるびわ茶には、内臓脂肪を減らす効果だけでなく、
血糖値を正常にしたり、血圧を抑える効果があると言われています。

 

また、びわ茶にはコレステロールを分解する作用があるため、
内臓脂肪を減らすと共に血液の流れもスムーズにしてくれる上、
利尿効果も高く体の不純物を体外に排出して健康な体へ導いてくれます。

 

日本の地で作られたお茶ですので、日本人の体にも合うお茶だと思います。

 

 

 

よもぎ蒸しスタイルローズ蒸し芳香浴 貴妃座浴オリジナル 美人長命貴妃茶は

枇杷の葉 杜仲茶入りです。13244875_549804355219743_2535625791393180853_n