カテゴリー別アーカイブ: 生理痛改善

冷え性・低体温・生理痛改善 温熱療法

よもぎ蒸しスタイルの枇杷の葉座浴貴妃座浴

冷え性・低体温・生理痛改善 温熱療法

 


◆冷え解消、深部体温上昇、代謝up
「冷えは万病のもと」と言われる通り、ガンの原因にもなります。

冷えは血液の流れを悪化させ、様々な弊害を引き起こします。

 

<冷えの弊害>
*血流の悪化
*老廃物の排泄不良
*免疫力の低下(体温35℃の免疫力は、36.5℃の20%)
*腸内環境の悪化
*全身の臓器の機能の低下

 

 

◆自律神経、ホルモンバランスの調整、リラックス効果
自律神経が刺激され、交感神経・副交感神経のバランスが整います。

深部体温上昇により、ホルモンの分泌が正常化します。

よもぎ蒸しスタイルの枇杷の葉座浴でじわっと温められることで得られる快感、副交感神経が正常化されることで、リラックス効果、精神的ストレス解消効果があります。

 

 

◆自然治癒力・免疫力up
HSP(ヒートショックプロテイン)により、ガン細胞など壊れた細胞を修復するたんぱく質が増加します。
細胞修復力の向上、抗酸化力向上、深部体温の上昇、自律神経・ホルモンのバランス改善効果、代謝向上により、自然治癒力・免疫力が高まります。
ガンだけでなく、アレルギー、アトピー、慢性疲労、冷え性、うつ、喘息、リウマチなど、様々な効果が期待できます。

 

 

◆デトックス効果
血流を促進するリンパの流れを良くする効果があり、また、細胞の奥の皮脂腺から大量の汗が出て、体内の毒素・老廃物が排出されます。

 

 

◆ダイエット効果、メタボ解消効果、肩こり解消
血流・リンパの流れが促進され、カラダに溜まった毒素、老廃物が排出されることから、代謝が高まり、ダイエット効果、メタボ解消、肩こり解消が期待できます。
.

よもぎ蒸しスタイルの枇杷の葉座浴の温熱療法 ヒートショックプロテイン

最近、美容・健康の世界でヒートショックプロテインが注目されていること

ご存知ですか?

 

ヒートショックプロテインはタンパク質の修理屋

ヒートショックプロテインは、名前に「プロテイン」とあるようにタンパク質の1つで、熱による刺激で増えるタンパク質です。

「Heat(熱)Shock(刺激)Protein(タンパク質)」と呼ばれています。

このヒートショックプロテインは、私たちの体の細胞内に存在し、何らかの原因で傷ついた細胞内のタンパク質を修復する働きがあります。

私たちの体は、ほとんどが水分やタンパク質でできているので、ストレスを受けたり病気なるとタンパク質が傷つくと体調を崩します、そのような傷ついたタンパク質をヒートショックプロテインが修復すると、元気な体を取り戻すことができます。

ヒートショックプロテインは歳とともに減少する

私たちは歳を重ねるにつれて、体内のヒートショックプロテインの数が減っていってしまいます。つまり体調を崩しやすくなったり、一度体調を崩すと回復しにくくなります。

しかもヒートショックプロテインが減少すると、代謝が落ちて太りやすくなるともいわれていて、ダイエットをしたい方にとってはヒートショックプロテインは大切なタンパク質です。

ヒートショックプロテインを増やすには

減ってしまった体内のヒートショックプロテインを増やには、体を加圧したり低酸素にした状態で体にストレスを与えると増えます。筋肉をより大きくする加圧トレーニングでも、ヒートショックプロテインが増えるといわれています。

またヒートショックプロテインを増やす方法として、ヒートショックプロテイン入浴法が考案されました。

ヒートショックプロテイン入浴法は、体に熱による刺激を与えることで、体内にヒートショックプロテインを増やすことができます。

 

よもぎ蒸し・よもぎ蒸しスタイルの枇杷の葉座浴の温熱療法でも、ヒートショックプロテインを増やすとも言われています。

 

あなたの健康ケアーにヒートショックプロテインを増やす、生活習慣を取り入れましょう。

女性に嬉しい効果 桃の葉茶

「桃のようなお肌」女性の憧れですよね!

 

桃の果実の美容効果は、よく知られていますが、桃の葉の効能も凄いんです!

美肌効果でけでなく、生理痛緩和効果も!

 

あなたも早速飲みたくなりませんか?

 

 

 

 

しっとりすべすべ女性の味方「桃の葉茶!」

 

  • 肌荒れやニキビなどのトラブルに!
  • 湿疹やあせも、日焼けの赤み抑制
  • お肌の角質分解で美肌効果も期待!
  • エルムシンが皮下脂肪分解
  • オレイン酸の整腸作用で便秘解消
  • アミグダリンなどの働きで生理痛緩和

桃の葉茶の特徴

 

桃の葉に含まれるタンニンが、肌荒れや湿疹、あせも、ニキビ、
さらには日焼けした肌の赤みを抑えるなど、さまざまな
皮膚のトラブルに効果を発揮します。 

また、エルムシンが皮下脂肪分解と、肌の角質を分解するので、
美肌の効果も期待でき女性に人気の健康茶です。

おいしい飲み方

やかんに水0.5リットル~1リットルに大さじ1~2杯を入れ、沸騰後、火を止めお召し上がりください。
急須の場合は大さじ1~2杯を入れ熱湯を注いで3~4分程のお好みの濃さでお召し上がり下さい。

■入浴剤として使う場合
弱火で10分~15分ほど煮出し、煮出した液をお風呂のお湯の中に入ればOK。しっとりとした肌さわりをお楽しみ下さい。

詳細と効果・効能

名称 桃葉(モモハ)
科名/属名 ばら科 / プルヌス属(落葉小高木)
学名 Prunus persica(プルヌス ペルシカ)
和名 もも(桃)
生薬名 桃仁(トウニン)、白桃花(ハクトウカ)
ハーブ名 Peach(ピーチ)
産地/分布 中国原産/アジア各地
採取/製法 成長した葉を採取し乾燥させます。
部位/形状 桃の葉
成分 タンニン・マグネシウム・オレイン酸・アミダグリン・エルムシン
カフェイン ノンカフェイン
作用 鎮咳、去痰、解熱、利尿、循環器機能改善
効果・効能 美肌効果、皮膚炎解消、肌荒れ解消、湿疹解消、便秘解消、生理痛解消、更年期障害解消、生理不順解消、整腸作用、ガン予防
香りと味覚 やさしい香りとほんのり甘く飲みやすいお茶です

目指すは薬・ピルに頼らない生理痛緩和改善!

よもぎ蒸しスタイル枇杷の葉座浴 貴妃座浴では生理痛が酷いとおっしゃるお客様に「生理痛緩和改善コース」をおすすめしています。

 

開店以来多くの生理痛に悩んで「毎回、1日に数回痛み止めを服用しています」「ピルを飲もうかと考えています」とおっしゃるお客様に

「生理は痛くない方もいらしゃるのですよ!」とお話すると

「ええ~~~!友人も生理痛が酷いので、生理痛は当たり前かと思っていました!」

 

そうです!生理に痛みは付き物 ではないのです!

 

目指すは 薬・ピルに頼らない 生理痛緩和改善!

 

よもぎ蒸しスタイル枇杷の葉座浴 に ローズオイルの薫り で 子宮を温め

エクササイズ、食養生、ツボ温め で 生理痛緩和改善!

 

座浴は 生理15日前に1回と7日から5日前に1回がおすすめ!

よもぎ蒸しスタイル枇杷の葉座浴 ローズヒップティーで生理痛低体温緩和改善

ローズヒップティーは「ビタミンCの爆弾」と言われるほど豊富に含んでおり、基本的にビタミンCは本来熱に弱い成分ですが、ローズヒップティーに含まれるビタミンCはリコピンにより保護されており壊れにくいのです。

ビタミンCは紫外線の影響を抑え、コラーゲンの生成と保持を助け、肌の再生を促してくれます。

毎朝「ローズヒップティー」を1杯飲んでるけどニキビが出来なったとの口コミもあり、さらにビタミンCによる美白効果が期待され、ニキビ跡のシミが少しずつ薄くしていきます。

ローズヒップティーは出がらしにもまだまだ栄養成分たくさんが残っているので、ヨーグルトに入れたりして食べてみるのもいいですね。

ローズヒップティーの成分

ローズヒップティーには、ビタミンCが942mg/100gレモンの約20倍含まれており、リコピンが23.3mg/100gトマトの約8倍含まれています、さらにビタミンPといわれるビタミン様物質が含まれています。

<ビタミンPとは>

ケルセチンや、ヘスペリジンというフラボノイドの総称で、ローズヒップティー以外にも柑橘類やリンゴ、緑茶やタマネギに含まれています。

ビタミンPは、ビタミンCを熱から守る働きがあり、そしてリコピンは、ビタミンCの吸収を助ける働きがあります。

ローズヒップティーは、このビタミンPやリコピンの成分を含むことで豊富に含んでいるビタミンCを効率よく吸収できるのです。

したがってローズヒップティーはビタミンCを摂取するには最も効果が高いハーブのひとつとされていて、手軽に楽しめる方法としてハーブティーが古くから利用されており、さらにローズヒップティーには他にも有効成分を含んでいます。

<ローズヒップティーの含有成分>

・鉄分 
<7・72mg/100g>
 
・βカロテン
トマトの約18倍

・カルシウム
913mg/100g 牛乳の約9倍

・ビタミンA
トマトの約20倍

・マンガン
ワカメの約2倍

・ビタミンB1

・ビタミンB2

・ビタミンE

などを含むなどの美容成分が含まれており、ローズヒップティーは、ビタミンC以外にも栄養素を豊富に含んでいることから、ヨーグルトに入れて食べてりするなどの摂取方法もあります。

ビタミンCの効果

ローズヒップティー(ローズヒップ茶)は「ビタミンC爆弾」と呼ばれ豊富量はレモンの20倍と呼ばれ、ビタミCには、ビタミンの中でも一番働きの多い栄養素であり、健康・美容などあらゆる予防の面でもとても優れた成分だとも言われています。

・ 免疫力向上

ローズヒップティー(ローズヒップ茶)のビタミンCは身体の免疫力ももちろんのこと、お肌にも免疫機能があり生活環境などの影響により、肌の免疫力も低下してしまいます。

体の免疫力が低下すると、にきびや吹き出物などの肌トラブルの原因につながり、肌荒れを予防したり、ニキビの炎症を抑えるのにも役立ちます。

体の美容、健康維持にもローズヒップティー(ローズヒップ茶)を日常的に取ることはおすすめです。

・コラーゲンの生成

コラーゲンの生成を補助し、丈夫な皮膚や血管を骨格の形成をするのにローズヒップティー(ローズヒップ茶)のビタミンCは非常に役立ちます。

そしてビタミンCは体の中でコラーゲンが作られるためになくてはならない存在でありローズヒップティー(ローズヒップ茶)のビタミンCなしではコラーゲンの合成がうまく働かず、コラーゲンをつくることができません。

・アンチエイジング(抗酸化)

ビタミンCはお肌や体がサビるのを防ぎ、細胞の劣化、いわゆるお肌の老化を遅らせると言われており、ローズヒップティーにはこれが豊富に含まれます。

さらにビタミンCは強い抗酸化力で紫外線やストレスといった保湿を妨げるものを排除する働きもあります。

・その他の効果

骨の強化 / 貧血予防 / 老化防止などがありローズヒップティー(ローズヒップ茶)のビタミンCは日常の様々な分野で役に立ってくれるハーブティなのです。

 

リコピンとは?

リコピンとはカロテノイドの一種で、主にトマトやローズヒップティーに含まれる成分です。

カロテノイドとは緑黄色野菜に多く含まれ別名「カルチノイド」とも呼ばれ、また抗酸化作用が強くい代表的な物としてはルテイン、αカロテンやβカロテン,リコピンです。

特にリコピンは抗酸化力がとても強く、βカロテンの約2倍、ビタミンEの約100倍の抗酸化力を持ち合わせており、その効果は強力な抗酸化力から得られ「血糖値を下げ、動脈硬化の予防、ガンを予防、喘息、美白・美肌効果、肥満防止効果」など様々な効果が期待できると言われています。

 

リコピンの効能

・抗酸化、老化防止

上記で説明したとおり、ローズヒップティーに含まれるリコピンには強い高酸化作用があります。

人の体内では規則的に活性酸素が発生しています。

活性酸素とは酸化力がつよく、体内の細胞をを錆びさせてしまいこれが老化の原因の一つです。

血管が活性酸素で錆びることによって生活習慣病の要因である「動脈硬化」や細胞が錆びて「ガン」になる原因になります。

・美白、美肌

リコピンの美肌効果は抗酸化作用から来ており、紫外線が肌に当たるとそこに活性酸素が発生し、シミやシワ,の原因を作ります。

他にもシミの原因になるメラニンを生成する働きを抑制する効果があります。

 

ローズヒップの効能

・美容成分豊富

ローズヒップティーの栄養成分には・鉄分・ビタミンA・ビタミンE・βカロテン・カルシウム・リコピンなどが豊富に含まれており、これによる効能は・肌の新陳代謝促進・美白効果・ホルモンバランスの調整・老化防止・生理痛軽減・免疫力アップ・健康促進妊娠中の栄養補給があります。

・美白作用

ローズヒップティーに含まれるビタミンCはメラニン色素の生成を抑制し肌を美白に導いてくれる作用を持ちます。

さらにローズヒップティーにはビタミンEも含まれるため肌の再生、新陳代謝を促進する作用が有り、いつまでも若々しい肌を保ってくれます。

・ニキビ予防に

ローズヒップに含まれる「ビタミンC」は他にも身体の免疫力を向上させ、肌の免疫力も向上させることにより、ニキビを予防することができます。

他にもビタミンCにはホルモンバランスを調整する作用もあり、生理痛、生理不順を軽減させてくれるので、女性の方にローズヒップティーはとてもオススメです。

・肌の再生を促す

ローズヒップにはビタミンEが豊富に含まれており、この成分は肌の新陳代謝を促進し、肌の再生を促してくれる作用を持ちいつまでも若々しくもっちりとした肌を作り上げてくれます。

・生理痛軽減

ホルモンバランスを整える作用があり、この作用によって生理痛の軽減や、生理不順の解消などの効果が期待できます。

さらにローズヒップには鉄分も豊富に含まれているため、ローズヒップティーは女性にとても嬉しいハーブティーと言えます。

・アンチエイジング効果

ハーブティーは高酸化作用がとても強く、これがアンチエイジングにつながります。

さらにローズヒップには「ビタミンC」がレモンの20倍含まれており、この「ビタミンC」には免疫力向上や活性酵素による細胞のサビを防ぐことができます。

・風邪に良い

上記で説明したとおりビタミンCには免疫力向上や体温を保つ作用があります。

冬などの季節で体が冷えて身体の免疫力が全体的に低下しインフルエンザや風邪が流行るのでローズヒップティーを日常的に愛飲し辛い冬を乗り越えましょう。

・ノンカフェイン

ローズヒップティーにはカフェインが含まれないので就寝前などに飲用しても大丈夫です。

さらに体に優しいハーブティーなので胃にも優しく健康を気遣っているお年寄りの方も気兼ねなく飲むことができ、年齢や飲む量を全く気にせず飲むことができます。

・妊娠中の栄養補給

上記で説明したとお入りローズヒップは体に優しくノンカフェインなので、妊婦の方も飲むことができます。

さらに鉄分や、ビタミン類、ビタミンC、カルシウム、βカロチンなども豊富に含まれており、妊婦さんにとても優しく栄養を補給し、女性ホルモンバランスも整えてくれるので、お腹の赤ちゃんにも妊婦さんにもおすすめのハーブティーです。

<作用まとめ>

綴下 / 収れん / 保湿 / 抗酸化 / 肌荒れ / 老化防止 / ホルモン整腸

ビタミンCで風邪予防・生理痛緩和

インフルエンザが猛威を奮っているようです。

 

おかげ様でよもぎ蒸しスタイル枇杷の葉座浴貴妃座浴のお客様の中にはインフルエンザに罹っていられる方は2月21日現在お一人もいません。

 

よもぎ蒸しスタイル枇杷の葉座浴のヒートショックプロテイン効果で免疫力自然治癒力アップ

インフルエンザ・風邪予防効果でしょうか?

 

それでも、食養生は大切です。

風邪予防のスター選手ビタミンcは、生理痛緩和にも!いい仕事していますね!

 

ビタミンCの働き

ビタミンCの働きは、体内での鉄分の吸収を高める効果があります。また、抗酸化作用があり、抗ストレス作用を持っている副腎皮質ホルモンの合成を促進することができます。

美容に嬉しい効果と働き

ビタミンCは、コラーゲンの合成をする為にも必要な栄養成分です。また、メラニン色素の合成を抑える効果があるのでシミの元を作らないようにすることが期待できます。

足りない場合

もしも、足りない場合には、肌のハリが失われます。そして、歯茎や皮下から出血する壊血病になることもあります。

足りなくなる可能性がある習慣

生活習慣の中に、タバコを吸う人や寒冷のストレスなどを受けるとビタミンCの消費量が多くなるので、食事やサプリメントで補うのがお勧めです。

とり過ぎた場合

サプリメントなどを使ってとり過ぎた場合には、一過性の下痢、頻尿や発疹を起こす可能性があります。

ビタミンCの効果的な摂り方

摂ったとしても2時間や3時間で排出されてしまいます。この為、1度にまとめて摂るのはお勧めできません。出来るだけ1日に何度も分けて摂取するのが効果的です。

ビタミンCが含まれている食材一覧

ビタミンCは、下記のような食材に多く含まれています。

肉類
  • ハム(ロース):50mg
  • ベーコン(ロース):50mg
  • ハム(ボンレス):49mg
  • ショルダーベーコン:39mg
  • ベーコン:35mg
  • 牛レバー(肝臓):30mg
  • 豚レバー(肝臓):20mg
  • 鶏レバー(肝臓):20mg
  • 焼豚:20mg
魚類
  • しらうお:4mg
  • まぐろ(脂身):4mg
  • かれい(子持ち):3mg
  • すずき:3mg
  • たい(焼):3mg
  • ひらめ:3mg
  • あゆ(焼):2mg
貝類
  • めんたいこ:76mg
  • たらこ:21mg
  • すじこ:9mg
  • いくら:6mg
  • ほたるいか:5mg
  • うに:3mg
  • かき:3mg
野菜類
  • 赤ピーマン:170mg
  • パセリ:120mg
  • 芽きゃべつ:110mg
  • にがうり:76mg
  • ピーマン:76mg
  • レッドキャベツ:68mg
  • モロヘイヤ:65mg
  • ししとうがらし:57mg
  • ブロッコリー:54mg
  • カリフラワー:53mg
  • かいわれだいこん:47mg
  • かぶ(葉):47mg
  • つまみ菜:47mg
  • こねぎ:44mg
  • さやえんどう:44mg
  • なの花:44mg
  • スナップえんどう:43mg
  • あしたば:41mg
  • キャベツ(生):41mg
  • つるむらさき:41mg
  • にんにくの茎:39mg
その他
  • アセロラジュース/10%果汁:120mg
  • 抹茶(粉)(粉):60mg
  • 濃縮還元のグレープフルーツジュース:53mg
  • 濃縮還元のオレンジジュース:42mg
  • ストレートのグレープフルーツジュース:38mg
  • 濃縮還元のみかんジュース:30mg
  • ストレートのみかんジュース:29mg
  • ストレートのオレンジジュース:22mg
  • 玉露の日本茶:19mg
  • 果汁20%のグァバジュース/:19mg
  • 果汁50%のオレンジジュース:16mg

薬を使わない生理痛緩和改善ツボのつぼ

薬を使わない生理痛緩和改善ツボのつぼ

 

生理痛緩和改善のツボ

 

■痛みをやわらげるツボ1:足首のツボ

内くるぶしとかかとの先端を結んだ中間点にある“スイセン”は生理痛が軽くなるツボです。手で足首を前からおおうようにして親指の腹で強めに押します。左右で痛みの強いほうを重点的に押しましょう。

 

 

■痛みをやわらげるツボ2:腰のツボ

腰に手を置いて親指があたるところから少し下に“ジンユ”という生理痛をやわらげるツボがあります。横向きに寝て親指の腹で片方ずつ押すか、仰向けで腰の下にビンなどを当てて転がしてツボを刺激しましょう。

 

 

■痛みをやわらげるツボ3:膝のツボ

足の内側で膝から上に指3本分上がったところの筋肉のあいだにある“ケッカイ”というツボがあります。このツボは血行を促してくれます。力をいれて足を伸ばしたとき、膝上の内側にできる山の中央がツボの目安です。膝をつかむようにして親指で強く押します。

 

 

■痛みをやわらげるツボ4:お腹のツボ

おへそから真っ直ぐ下へ指3本分のところにある“セキモン”と、そこから指1本分下にある“カンゲン”は、子宮内の血流をよくするツボです。あおむけに寝て膝を曲げ、両手の人差し指、中指、薬指の3本を合わせて押してみましょう。

ヒートショックプロテイン効果で生理痛・低体温・冷え症改善緩和に

貴妃座浴のよもぎ蒸しスタイル枇杷の葉座浴は、

座浴マントの中の温度は43.4度、心地よいスチームミストを浴びること40分

 

薔薇の薫りのスチームミストが、あなたの体と心をホカホカに

 

ヒートショックプロテイン効果で生理痛・低体温・冷え症の緩和改善に

 

 

 

ヒートショックプロテイン効果     nover転載

 

 

 

美肌

 

ヒートショックプロテイン入浴法にはコラーゲンの減少をとめる働きがあります。汗をかくことで老廃物も排出され、美肌効果抜群です。代謝があがるので脂肪燃焼効果もあります

 

疲れにくくなる

 

体が温まると「エンドルフィン」が出て、疲労や痛みが緩和します。また疲れを感じる物質、「乳酸」の産生が遅れるので、疲れにくくなる

 

運動能力が向上

 

ヒートショックプロテインが増えるとエネルギーが持続し、疲労しにくくなります。日々のパフォーマンス向上につながります

 

免疫力がUP

 

体を温めることで、リンパ球が増加します。リンパがもっている免疫増強効果によってウイルスなどに感染しにくくなります

 

気持ちが前向きに

 

うつ病などの治療にも利用されているほど。体温が上がることで行動力がUPし、気持ちが前向きになる

 

実際の医療現場でも

 
 

 

 

温めることで血管を若返らせていたのは慢性心不全の治療現場。2010年末に更新された治療ガイドラインに掲載されている「和温療法」です

 

 

温熱療法によって誘導されたヒートショックプロテインと呼ばれるタンパク質が、抗がん剤のマイナスの作用をブロックしたり、免疫能を高める

 

 

ヒートショックプロテイン70は、この目印を強く出させる働きがあります。さらに、免疫細胞に攻撃目標を教える樹状細胞を活性化します。

 

ガンは自らを隠し免疫細胞から身を守る習性がありますが、ヒートショックプロテインはその隠れ蓑を取り去ります。体を温めることでHSPがガン細胞からも出ます。すると、ガン抗原というガンの目印を、HSPがガン細胞の膜の外側に目立つように突き出させるので、免疫細胞は「あ、あいつガンだッ!」って見つけやすくなるのです。

 

リンパ球が、ガン細胞を認識しやすくなるので、効率的に攻撃を加えることができるようになるため、ガン治療にも応用されています

 

 

手術・抗ガン剤・放射線との併用時に、あらかじめHSPで正常細胞を強くしたり、事後に傷ついた細胞を修復することで、ダメージ(副作用)を軽減できます


ローズビューティー 美肌・生理痛・冷え症・低体温改善緩和効果

yjimageP2HDGMWW

 

 

お気に入りのカップでハーブティーをいただきましょう。

最近気に入っているのは、ローズレッド

 

お客様の「美肌の座浴」ご要望にお応えして

枇杷の葉にローズレッド・ローズヒップにプレミアムなローズオイルの

ローズビューティー美肌座浴をご用意いたしました。

 

ローズレッドには、美肌効果と共に

貴妃座浴のUSP「生理痛・冷え症・低体温改善緩和」の効果も

 

ローズティーの効果

ローズティーは、口から入る成分だけでなく、その香りや視覚から取り込むイメージにも効果があります。

女性ホルモンのバランスを整える

バラの香り成分である「ゲラニオール」や「ネロール」などには、女性ホルモンのバランスを整える作用があります。

香りがPMSの原因に働きかけ、生理痛生理不順更年期障害などの緩和にも有効です。

 

これらの成分には、ホルモン分泌に関わる脳の器官を刺激する働きがあり、それによって、特にエストロゲンの分泌が促進されるとも言われています。

エストロゲンの働きが活性化

※ゲラニオール、ネロールとは?

血行を改善

昔から中国では、玫瑰(マイカイ)は体を温め循環を良くするとされ、女性の為の生薬として使われてきました。血行が良くなることで、肩こり冷え性むくみなどが改善されます。また、むくみが原因の一つとされる便秘乳房の張りなどの症状も和らぎます。

美容効果

バラには、ビタミンA、Eなどの抗酸化作用がある成分が含まれています。

抗酸化作用で、アンチエイジングに有効。

肌の潤いを保ち、しわシミなどを予防できます。

肌だけでなく、髪や目の健康にも最適。肌への効果は、PMS期のニキビにも!。

イライラを抑える

バラの香りが持つ鎮静抗うつの効果、ストレスを和らげてイライラを軽減、

ブルーな気分を明るく前向きに変えてくれます。安眠も促されます。

また、バラには視覚的なリラックス効果もあるようです。

ローズティーに浮かぶ可愛らしいバラを見ているだけでも心が癒されます。

その他

バラには、免疫過敏反応を抑制する働きがあり、

花粉症などのアレルギー症状に効くと言われています。

また、ローズティーでうがいをすれば、バラの持つ抗菌作用風邪を予防できます。12552836_10153377949611220_5663726973631334376_n

 

冷えによる生理痛 よもぎ蒸しスタイル枇杷の葉座浴で改善緩和!

原因分けの生理痛

 

生理痛の原因を漢方は、1・冷えによる生理痛 2・ストレスによる生理痛

3・血の巡りが悪い生理痛 4・虚弱体質による生理痛 に分けています。

 

冷えが原因による生理痛は

冷えが組織を収縮 

お腹と腰が冷えると子宮筋が引き締まり、痙攣のような収縮がおこって

お腹や腰が痛みます。

 

普段は便秘気味なのに、生理の期間は下痢をする症状の方もいます。

 

生理痛が、お腹や腰を温めると緩和する人は冷えが原因タイプ

 

まずは、体を温める生活を

 

冷えが原因の生理痛は、貴妃座浴のよもぎ蒸しスタイル枇杷の葉座浴で緩和される方が多いです。

 

詳しい体質診断で、食養生、エクササイズ、つぼ温めが有効です。